06.11.2016 18:49 - in: セリエA S

      アッレグリ監督は、ユベントスのリアクションを称賛します

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      リヨン戦引き分けを追い払い、キエーヴォ戦で納得のいく勝利を確保したビアンコネリ、監督は選手を祝福した

      キエーヴォに対し2-1で勝利し、水曜日のチャンピオンズ・リーグ引き分けから立ち直り、マッシミリアーノ・アッレグリ監督はユベントスに対し多く賞賛しました。

      「我々は、より多くのゴールで勝つ事ができた。」と監督は話します。「特に後半、良く守備をしたキエーヴォに対し上手く戦いました。上手くボールを動かし、必要な時に攻撃の瞬間を選び良くディフェンスしました。

      (アンドレア・)バルツァッリを下げなくてはならず、少し難しい立ち上がりでした。(レオナルド・)ボヌッチを投入しリスクを冒したが、チーム全体で大きな試合をしました。選手はこの試合で良くリアクションしました。過ごしているシーズンさえ、周知の事実が本当に必要だったというわけではありません。これはインターナショナル・ブレークを楽しむ非常に重要な事を意味します。」とアッレグリ監督は説明した。

      監督からゴンサロ・イグアインとキエーヴォ戦で先制点を挙げたマリオ・マンジュキッチのアタッキング・デュオに対し温かい言葉がありました。

      「2人はフロントでチームの為に一生懸命働き全力でプレーしています。マリオにはイグアインの要に2つの大きなチャンスがあり、ボールを渡し良い戦いをしました。不可決な事です。そして(パウロ・)ディラバの不在に活力を与えます。

      彼が外れた時に問題はありませんでした。ピッチ中央からボールを取り出す事が出来た様に、もう少しワイドに戦う必要がありました。我々は全員少し疲れました。次々と多くの試合を戦う事はフィジカルでもメンタルでも2人を本当に疲れさせます。」

      アッレグリ監督は、後半のフリーキックでユーヴェの勝利を決めたミラレム・ピアニッチのプレーも誉め称えました。

      「ピアニッチが素晴らしかったと思います。中盤中央の右側でプレーし、中で動くには少ないスペースで、多くのエネルギーを使い果たさなかったのは、気持ちをフレッシュにキープしました。この3週間フリーキックを実践するためのトレーニングを受けた後、彼は残りより練習しより良くなります!」

      最後におろそかに出来ないのは、ビアンコネリはキエーヴォに対して、よりなっとくの行く勝利を挙げなければならなかったという提案に監督は応じました。

      「言われている事に関係なく、我々は今日上手く戦いました」とアッレグリ監督は主張しました。「フットボールは、精密科学ではないが、プレーするには十分良いアートです。肝心な事は勝ち点3を得る事ですから人々が言う事に興味
      はありません。それは我々がやっている事です。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK