06.08.2016 14:00 - in: 親善試合 S

    アッレグリの目線は、ロンドンへ

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、ロンドン・スタジアムでのウェスト・ハムとの明日の親善試合のプレビューとスターテイング11を明らかにした

    来る2016/17シーズンへ目を向ける間、ユベントスはプレミア・リーグのクラブの新しいホーム、ロンドン・スタジアムのこけら落とし戦であるウエスト・ハムとの対戦、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、今日の記者会見のほとんどを明日の親善試合へ捧げた。

    ヴィノーヴォのメディア・センターでのトスカーナの戦術家の重要な引用は以下の通りです。:

    ロンドン・コーリング

    「ウェスト・ハムで、我々はヨーロッパ・リーグ予選を既に戦っているチームとの対戦(NKドムジャレと2レグで勝利)となり、良いシーズン前の準備へ向かいます。

    明日のスターテイング11に関しては、4バックで戦い、我々のラインアップは以下の通りです:ブッフォン;ダニ・アウヴェス、ベナティア、ルガーニ、アレックス・サンドロ;レミナ、ピアニッチ、アサモア;ペレイラ;ディバラ、マンジュキッチです。

    ゴンサロ・イグアインも試合で時間を得ます。ヴィノーヴォに残る選手は、シュテファン・リヒトシュタイナーで。背中の些細な問題があります。そしてサミ・ケディラとレオナルド・ボヌッチは、昨日トレーニングに復帰し週末にシーズン前の準備をここで続けます。」

    新シーズン間近

    「我々には、フルでのトレーニングは、2、3日があるだけでした。何人かの選手が1ヶ月前にプレシーズンに復帰し、他の選手は10日間以内の復帰になりました。

    クラブはここまで5人の新契約選手を加入させるために素晴らしい働きをしましたし、この選手全員はチームとして技術的に全体のクオリティを上げます。

    しかし、既にスクデット獲得という意味ではありませんし、チャンピオンズ・リーグ決勝への確実性を作ります。我々は、強さに気づいているが、気を引きしててかかる必要があるのを理解し、ハードに3つの戦いで3月まで戦う必要があります。」

    クラウディオ、正しく進行中

    「クラウディオ・マルキジオの回復プロセスは、良く進んでいます。彼は走り、ボールでのトレーニングを受けて復帰します。
    今のところ、私は彼が10月には復帰できると思っています。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK