10.12.2016 15:30 - in: セリエA S

      アッレグリ監督「トリノへ自分達のトップの戦いを」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、スタディオ・オリンピコでのトリノとの日曜日のダービーマッチをプレビュー

      トリノ戦は厳しい挑戦

      「デルビー・デッラ・モーレは、他の試合とは違うものです。この街の人達を非常に情熱的にします。

      単にダービーだからというわけではなく、トリノとの対戦は厳しいものですが、昨年より技術的にかなり酔いがフィジカルはそうでもありません。アンドレア・ベロッティ、イアゴ・ファルケとアデム・リャイッチの3選手は現在大きな仕事を前線で行っています。

      明日、特にフィジカルのポイントから、我々は試合で正しくある必要がありますし、空中戦とタックルで選手たちは勝たなくてはいけない。我々の調子は良く、挑戦に耐えられると感じています。」


      短距離走ではなくマラソン

      「今から今年の終わりの間で、重要な3試合を戦い、これはリーグでの進展と今シーズン最初のトロフィー獲得が懸かっています。

      いずれにせよ、シーズンは長いですし、セリエA折り返しまで4試合あります。そしてできるだけ勝ち点を手にしたいです。」


      チーム・ニュース

      「トリノがトップを3人にするなら、私はおそらく4バックにしますが、まだ器用に関し最後の決定をする必要があります。

      パウロ・ディバラは調子が良いです、彼が明日プレーするかどうか彼を呼び進めます。ダニエレ・ルガーニの成長に非常に満足しています。彼には理想的な気質は言うまでもなく、全てで最も重要である正しいフィジカルとテクニックの特別なクオリティがあります。私は彼がユベントスで長くプレーすると確信します。

      シュテファン・リヒトシュタイナーも同様に本物のプロフェッショナルです。彼は、ダニ・アウヴェスが負傷し、右サイドバックのファーストチョイスとなる時は常に見事にプレーします。

      中盤で、クアウディオ・マルキジオの状態は常に良くなっていますし、彼が明日素晴らしいプレーをすることを止めるものは何もありません。

      一方アンドレア・バルツァッリは、肩の負傷から完全回復へ大きく進んでいます。ドクターの了解が得られれば、来週の頭からトレーニングの残りのチームに再び入ります。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK