16.10.2016 00:27 - in: セリエA S

    アッレグリ監督は、進歩を喜ぶもシーズンは長いと警告

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ウディネーゼ戦勝利後の監督の評価「タイトル獲得を望むならこのような夜を経験しなければいけません」

    試合前記者会見のマッシミリアーノ・アッレグリ監督のコメントは、的を得ていることが解りました。常にインターナショナル・ブレーク後の初戦は本当にぎこちないということです。

    したがって、監督は、勝ち点3を奪うためのウディネーゼ戦での選手達の集中をキープした事へ敬意を表しがっていました。

    「トリッキーな試合でした。選手達は非常に重要な勝利を確保しました。スクデットに勝ちたいならこのような夜を経験する必要があります。

    我々は前半に良いプレーをしませんでしたが、ハーフタイムの後はより良かったです。勝たないような種類の試合があり、タイトル・レースでこのような危機もあります。

    我々のシーズン終わりの目標達成への努力での今夜は新しい勝利です。」

    アッレグリ監督は、常に、1回に1試合を戦うと言って譲りません。「我々は8試合中7試合に勝ちましたし、あらゆる勝利は決勝へのラインのステップです。長いシーズンです、来る勝ち点6への戦いと過小評価してはいけないチームが多くあります。

    どのように試合を読むか理解する事が重要です。今夜は、我々が立場を堅守しなければいけないと理解していた夜の1つでした。6連続リーグ優勝を獲得するなら協力する必要があります。

    必然的に監督が言う必要なくスペースを埋めるためのプレーをしなければいけません。一旦これが習慣になれば、十分な成熟でしょう。試合で明確にフォーメーションを変える事ができますし、選手にモチベーションを与え集中を挙げる方法でもあります。」

    そして、アッレグリ監督は個人の選手に触れました。「マリオ・マンジュキッチは上手くプレーしました。一方レオ・ボヌッチは、インターナショナル・ブレーク前に1週間オフの計画がありましたがジョルジョ・キエッリーニの怪我のためプレーをしました。彼に対しシリアスに感じることはありません、彼がリヨン戦にフィットするかを診ます。」

    最後に、ミッドウィークのチャンピオンズ・リーグ、リヨン戦についてです。「月曜日にフランスに出発する前に、明日リカバリーを行います。ここ数日で多くをすることはできませんが、良い選手たちですし、彼らは私が彼らに行う少ない指示を尊重します。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK