17.03.2016 00:39 - in: チャンピオンズ・リーグ S

    アッレグリ監督、パフォーマンスを誇りに思う

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    水曜日のチャンピオンズ・リーグ、バイエルン・ミュンヘン戦逆転負けの印象的な遂行能力をマッシミリアーノ・アッレグリはポジティブに指摘します

    チャンピオンズ・リーグ敗退による失望は当然です。しかし彼の選手たちがバイエルン・ミュンヘンのアリアンツ・アレーナで水曜日に劇的な延長戦での逆転前を喫したが85分間バイエルン・ミュンヘンをリードしたことを、誇り楽観が監督の主な感情の一つに数えられることをマッシミリアーノ・アッレグリ監督は確認しました。

    「我々がした方法で敗退するのは痛いです。そして、2-0から潜在的にチャンスの後リードを広げなければいけませんでしたし、同じように延長戦で得点しなければいけませんでした。

    ミュンヘンで2-0を先制する事は簡単ではありませんし、このプレーで相当なキャラクターを示しました。
    我々がする必要があった全ては、バックからファイナル・ボールの最後までのプレーでよりよく対処する事でした。しかし実際に我々は数分間、半ハーフで深くクローズさせられました。」

    バイエルンがどのようにこの対戦で逆転したかについて必然的な空気があったとアッレグリ監督は認めたが、彼のチームが悪名高く厳しいスタジアムで残したプレーをトスカーナの戦術家は称賛し、新しいチームの発展のカーブという確かなサインであったとコメントした。

    「終わり頃、我々にはピッチの上で彼センターバックを押しこむ選手がいませんでしたし、バイエルンはより大きな規則性で攻撃を開始する事ができました。

    それでも、我々はバイエルンに疲れさせる事を強制しましたし、我々は準々決勝へ突破の範囲に入る可能性を持ちました。この試合は我々に対し重要なテストを意味しましたし、試合の殆どでリードできたのは我々の将来の成長に関する楽観の理由です。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK