08.12.2016 00:40 - in: チャンピオンズ・リーグ S

    アッレグリ監督は、ディナモ戦勝利を振り返る

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    監督の試合後の評価:「後半は良かった。我々は対戦相手を振り切る為にプレーを改善する必要があります。シーズン最初の目的を達成しましたし、ホームでの勝利は重要でした。」

    グループHを首位で終え、チャンピオンズ・リーグ、ノックアウトステージ進出を決める事は今シーズン最初の大きな目標でした。ユーヴェは気持ちよく達成させ、ビアンコネリがディナモ・ザグレブに勝利した後、マッシミリアーノ・アッレリ監督の機嫌の良さが解るでしょう。

    「それはシーズン最初の目的で、我々はそれを達成しましたし、幸せです。」監督は、水曜日のトリノでの2-0の勝利後にコメントしました。

    我々は今日ハーフタイム後、良くプレーしました。しかし肝心な事はホームで試合に勝つ事です。」

    アッレグリ監督は、後半に戦術的な改造を何故決断したか説明し続けました。

    「私は、中央でもっとプレーを向けて欲しかった。前半多くの時間をワイドにプレーしてきて、時間をかけている様に見えました。

    プレーを改善して、対戦相手我々をチェックするのを難しくする必要があります。どのフォーメーショんかではなく、どのように戦うかです。」

    ビアンコネリの監督は、チャンピオンズ・リーグで初得点を挙げ今シーズン2得点目を奪ったダニエレ・ルガーニとミラレム・ピアニッチに少しの言葉をかけました。

    「ルガーニは常に良くなっていますし、ユーヴェでの大きな未来を得ました。

    ピアニッチは、試合で多くの記録を残しました。少ないスペースがプレーにありましたが、大きく戦いました。」

    パウロ・ディバラは、欠場の後ピッチに復帰し、ゴンサロ・イグアインとマリオ・マンジュキッチと3面的に攻撃のポジションを取る可能性に付いて監督は質問に答えた。

    「我々は、それを手配しなければなりません。後半に起こる事を想像したとおりです。

    多くの選手がいますし、彼らは異なる技術と特質を最大限に利用する必要があります。」

    最後に、ユーヴェがしばらく心からヨーロッパでの戦いを忘れなければいけないとアッレグリ監督は主張しました。

    「次のチャンピオンズ・リーグ、ベスト16の対戦相手の事さえまだ考えていません。我々は抽選がどうであれ戦います。

    現在、我々はリーグとスーパーカップに集中する時です。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK