19.10.2016 00:35 - in: チャンピオンズ・リーグ S

    アッレグリ監督リヨン戦勝利を振り返ります

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    「無失点の勝利が重要ですが、まだ進歩する必要があります。」監督が大きな勝ち点3を奪った後に主張しました

    おそらく当然、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、10人の戦いを制し、1-0で火曜日夜のチャンピオンズ・リーグ、リヨン戦に勝利したユベントスに満足しています

    「私達は3試合を戦い勝ち点7です。しかし、最も重要なことは、まだ失点していないことです。」とビアンコネ利の監督が試合後の会見で振り返りました。「今夜、私達は、[ジジ]ブッフォンのパフォーマンスで無失点を果たしました。」

    勝利にもかかわらず、アッレグリ監督は、来る週へのワークへユベントスに多くがあると熱心に強調します。

    「我々は良くなれるし、ならなければいけない。前半の走りは、直接的に十分ではなかった。10人になった時がターイングポイントで、プレーを伸ばし、上手く戦い自分たちの試合をしました。勝利への道は決して簡単ではありません。

    前半、相手のカウンターアタックが厳しかった。ポゼッションし過ぎ、シンプルなパスを渡してしまった。しかし、ハーフタイムの後良くなりました。一般的に話すと、私は我々は焦らず少しリラックスする必要があると思います。

    チームがタイトさをキープする時に、どのように我慢するかを知る必要があります。ウディネーゼ戦でも同じ問題を見ました。私達の走りは土曜日にも多くのリスクを負いました。」とアッレグリ監督は認めた。

    ユーヴェの監督は、自身のフランスでのチームセレクションに関して幾つかの考慮を提供しました。

    「(メディ・)ベナティが先発しなかったのは、最終的にプレーしましたが土曜日に彼をプレーさせる計画がなかったからです。なので、彼にリスクを負いたくはありませんでした。また(パトリス・)エヴラは、このポジションで強い選手だからです。私は(マリオ・レミナ)を選びました。なぜなら、この戦いがフィジカルの戦いになると予測していたからです。

    (フアン・)クアドラードはというと、先発で使うこともできましたが、私は後から使いやってくれました!時々、勝利へは70分まで待たないといけません。クアドラードは、この試合で彼がプレーした場所で重要な選手で、また彼のパフォーマンスも良く、土曜日にも彼を見るでしょう。」とアッレグリはコメントした。

    最後に、監督は、土曜日のサンシーロ遠征、ACミラン戦を見ます。

    「我々は、今夜の前半の落ちていたため、ミラン戦へ自分たちのプレーを早く良くする必要があります。ロッソネリはとても良く若いチームで、もし我々が走らなければ、タフな夜になります。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK