08.07.2016 15:00 - in: チーム S

    アッレグリ監督、2016/17最初のインタビュー

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    監督は、Jtvとの今日の独占インタビューの間、刺激的な新キャンペーンに目を向けます

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は今日Jtvに話し、ユベントスと関連した全ての刺激的な2016/17シーズンへありえる事に目を向けました。

    クラブ・チャンネルによる彼へのQ&Aの完全な引用です。:

    JTV:トレーニングが再開し、ハードワークと熱意が特徴ですか?

    「熱意は、常に重要です。新しいシーズンの始まりです。我々には多くの若手とちょうど7、8人のファースト・チームの選手がいます。我々は多くの熱意を持ってこの月をこなす必要があります。今月は、我々がシーズンへ備える時です。」

    JTV:スケジュールは、今年の開始を10日早く始める事を意味しますか?

    「10日早くなるというのは問題ではありません。一昨年、我々はチャンピオンズ・リーグ決勝の後6月7日にシーズンを終えたので、激しいシーズン後選手に35日のオフを与えました。今年、我々は40日後に再び立ち上がっています、しかし昨年は35日でしたし20日後にスーパーカップをプレーしました。私が正しく覚えているならば、我々は7月16日にスタートしました。重要な目的で、我々は達成しました。
    代表選手達は8月1日に戻りますが、今年、我々は(マリオ・)マンジュキッチ、ダニ・アウヴェス、(シュテファン・)リヒトシュタイナーは7月26日に復帰し、より多く備えるための時間があります。」

    JTV:プレシーズンはヴィノーヴォで始まり、いくつかの注目の対戦が夏のツアーの間に企画されています。さらに進んで見ると、6連続スクデットを得る事ができますか?

    「良いチャンピオンズ・リーグを戦うだけでなく、6回目のスクデット勝利が今シーズンの我々のメインの目的です。そして、私が良いチャンピオンズ・リーグの戦いと言うのは、つまり我々の目的はできるだけ長く戦うために勝つ必要があるという事です。言うには、シーズンが始まる時、我々は頼られるよう考え、毎日働き、今と8月31日の間で素晴らしいシーズンの基盤を築く必要があります。」

    JTV:新加入選手全員は、チャンピオンズ・リーグについて話しました。それは、目標ですか?

    「リーグ、コッパ・イタリア、スーパーカップと共に我々の目的です。我々はこれらの戦いのゴールを達成したいですし、達成への状況を作る必要があります。特にチャンピオンズ・リーグにおいては、幸運も必要とします。」

    JTV:現在、トレーニング中の選手4分の3は、若手です。ファースト・チームの選手と並んでトレーニングを受け、彼らは何をすることが出来て、教わるチャンスですか?

    「これは、彼らにとって大きな可能性です。多くの若い選手がいて、彼らの多くは下のリーグ、セリエBとレーガ・プロでプレーする準備が出来ています。どこでプレーするとしても彼らにとって重要な経験になります。」

    JTV:代表選手達はすぐに復帰し、イタリアの選手も含みます。バックの素晴らしいディフェンス陣を歓迎する事が楽しみでしょう。彼らはドイツに対し誇り高く戦いました。

    「それに対する疑いは、ありません。ユベントスのディフェンスとイタリアのディフェンは(ジャンルイジ・)ブッフォンを加え世界最高です。彼らは、常に仕事をしてきた。トップの調子にあり、大きなパフォーマンスを出したことを彼らは示しました。」

    JTV:ドイツ戦に勝利したポール・ポグバ、パトリス・エヴラの映像は見ましたか?彼らに余分にオフを与えますか?

    「彼らは余分の週を求めましたが、私は彼らに2週を与えるつもりでした!私は、現在彼らに1週を与えるだけです。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK