22.09.2016 00:15 - in: セリエA S

    アッレグリ監督、カリアリ戦勝利に満足

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    「我々は、首位に戻ります。選手達は上手くやりました。」と、終了の笛後のアッレグリ監督はコメント

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、水曜日夜ユーヴェがカリアリに勝利しセリエAに戻った後、自分自身が幸せな男であると宣言した。

    「最もポジティブな事は、我々が首位に戻るという事です。」と、試合後アッレグリ監督は話します。「私は、選手達が非常に良く戦ったと言わなければいけません。」

    「我々は、良く試合を読みました。もし1つ選ばなければいけないとしたら、私が思うに、2-0の後に試合をより良くマネージメントできたという事です。3点目を求めるのを急ぎすぎました。」

    アッレグリ監督は、日曜日のインテル戦敗北から立ち直る完璧な方法だと認めました。

    「一般的に言って、我々は日曜日の試合後後いくつか過度の批判へ良い反応をしました。しかし、私は驚きません。このチームは偉大な選手と良い選手が多くいます。責任をとる時に決して逃げません。

    「我々がインターナショナル・ブレークまでこれを続けるのが今重要です。パレルモ、ザグレブ、エンポリ戦へもこれを行います。」

    アッレグリ監督は、この夜のストライカー・パートナー、パウロ・ディバラとゴンサロ・イグアインの仕事も称賛した。

    「ストライカーは今夜、大きな仕事をしました。彼らは良くプレスをかけ、ディフェンダーの仕事を簡単にしました。マリオ・マンジュキッチが入った時にした様に、ディバラは我々に幅を与えました。彼には鍵となるプレーの役割があります。彼はイグアインとプレーする事ができ、ディバラとの攻撃のトリオで我々がバランスを得れるかどうかです。」

    ユーヴェの監督は、中央でのエルナネスとミラレム・ピアニッ地のパフォーマンスの重要性を強調し続けました。

    「エルナネスは非常に良くプレーしました。彼は素晴らしい人間で偉大なプロですし、出番の時に常に準備が出来ています。ピアニッチは最初の数試合を欠場したが、ディフェンスの前へ今夜良いプレーを残しました。我々は彼がそのポジションでプレーする時、彼を確認する必要があります。」

    最後におそろかにできないのは、アッレグリ監督は、チームが前の週に受けた批評に関する事です。「特にそれが建設的であるなr、我々は批評を受け入れるために大きくなる必要があります、しかし、我々は自分自身に負けた試合から影響を受ける事はできません。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK