23.10.2016 00:16 - in: セリエA S

    アッレグリ監督、ユーヴェに素早く切り替えることを促す

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    「残念ながら我々は負けた。しかし、我々は変わってはいけません。時々フットボールで、物事は進み時々進まない事もあるます。」

    次へ。マッシミリアーノ・アッレグリ監督のサンシートでの失望の夜後のユベントスへのメッセージです。

    「我々は残念ながら敗北でミラノを離れます。しかし、この影響を受けてはいけません。頭を上げ次の試合へ備えなければいけません。」監督が試合後メディアに強調しました。

    監督は、それでもなお注意深くこの試合を分析し、チームが悪いプレーをしたということではないと促した。

    「我々は試合をコントロールしようとしたし、ミランは素晴らしくプレーしましたから簡単ではありませんでした。彼らには興味深い若手選手がいます。(マニュエル・)ロカテッリの得点と(ジャンルイジ・)ドンナルンマのギリギリのセーブは完璧なその例えです。

    (パウロ・)ディバラがピッチにいる時、我々にはライン間に選手を持ちます。そして(フアン・)クアドラードがプレーする時に違う技術をオファーしたが、まだ試合をコントロールすることをマネージメントします。

    我々は高くプレスを取ろうとし、我々は上手くプレーしたと思い舞うs。物事を完結にし続けフィジカルでも良かった。

    勿論我々は得点できなかった。彼らはスソとロカテッリの2本のゴールへのシュートのみだったが、時々フットボールで、物事は進み時々進まない事もあるます。」

    決まっていれば違う試合になったであろうミラレム・ピアニッチのゴール取り消しについて話したが、アッレグリ監督は、この問題に拘る事を拒否しました。

    「我々は得点になったと思いました誰もがしばらくなにが起きたか理解できませんでした。これについては指摘する点はありません。残念ですが、再び勝利へ集中する必要があります。」

    そして次へ

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK