18.01.2016 18:00 - in: チーム S

      アサモアは、より多く飢えています

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      日曜日に今シーズン初めて90分フル出場を果たし印象深い存在を残し、シーズン後半への成功へクワドォー・アサモアは集中します

      繰り返されているひざ損傷で14ヵ月の大部分を外れてから、ウディネーゼとの日曜日の4-0の勝利でクワドォー・アサモアは様々な点で、ポジティヴなパフォーマンスを示した。

      安定感があろ、足元のボールは爆発的で、パウロ・ディバラがユーヴェの先制点へネットを揺らしたフリーキックに繋がるプレーをアサモアは残し、アレックス・サンドロが中へ切り込む事ができ、試合の4点目を得点する事が出来たスペースを作成するのを助け、ウディネーゼ守備陣を唖然とさせる左サイドでのプレーでした。

      誰もが昨日の試合を観戦し、ガーナ代表アサモアのこれまでの欠場を許す事を考え、プレーは栄誉のためへのビアンコネリの努力に更なる命を吹き込み事ができるというチームとファンが現在望む効果を発揮した。

      今日の午後Skyのマイクに話し、このような状況はここヵ月であり得ないような事だったとアサモアは認めました。

      彼は話しました。「物事が上に向かう時はいつでも正しい方向から外れ進展防ぐ事が常にあるので、私がもう一度プレーし復帰を自分自身に尋ねたとき、いくつかの物事がありました。

      「今、私は調子が良いです。試合に先立って週の間の全てで私は物事が上手くいっているのを感じました。
      当然のことながら、誰が出場するかは決めるのは監督次第です。しかし、私は準備ができていると感じていました。
      私は、過去9試合の様な非常に重要な試合を私達が勝てた事を喜んでいます。」

      ダチア・アリーナ・フリウリでの彼自身の華やかな復帰戦と同様に、過去10試合で勝ち点を僅か12点を拾った後ユーヴェがセリエAでの10試合連勝を挙げるとはありそうもありませんでした。しかしシーズンの終わりでトロフィーを挙げ続ける勢いを維持するために、将来の任務に集中する時間であるとアサモアは主張しました。

      「厳しい序盤の後、私達はそれぞれで働き続ける必要があった、そして私達がいつも通り高い標準に今は戻ったということを全員理解しました。

      私達には目的があり、できるだけ多くの試合を改善し展開し、勝ち続ける必要があります、そしてその後、私達がどうなったか見ます。」

      戦術的な展望から、トリノで彼の最初2シーズン半に左サイドの上で効果的な働きをした、27歳の元ウディネーゼの選手(アサモアは昨日両チーム通じてで優れており、セントラル・ミッドフィールドのポジションで彼の全所属クラブ戦い、融通性のレベルを提供した。

      そして、マッシミリアーノ・アッレグリ監督が彼に期待した動きに関して、特定の選択がないことを、アサモアは確認しました。

      「私は、両方の役割でプレーし楽しみます。
      私はセンターの位置に戻り満足です、そこで私のキャリアを始めました。しかし、私はユーヴェでので最初の二年間のおかげでプレーが楽であると感じます。」

      インタビューをまとめに、パウロ・ディバラ(今シーズン合計13ゴールを記録し昨日2得点を挙げた)へ、アサモアは特別な賞賛を送りました。

      「パウロは今、才能を証明しています、しかし私は彼がパレルモにいた時にして来た事を見たので驚きません。22才はまだ非常に若いです、そして、彼にはベスト・プレイヤーの1人になるすべての能力があります。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK