17.08.2016 19:58 - in: チーム S

      バルツァッリ「ビアンコネリは目標を高くセットしている」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      アンドレア・バルツァッリは、ヴィラール・ペローザでクラブの最後のシーズン前の親善試合を行い、来たるべき戦いへユベントスの非常に高い目標を明確にします

      アンドレア・バルツァッリが2011年にユベントスに加わってから6回目のヴィラール・ペローザでの親善試合。試合後のインタビューで早々にディフェンダーは、8月の伝統的な場所に会場に集まる何千のファンに変わり全てのビアンコネリの情熱の低下は無いと強調した。

      「今日のイベントは、年毎のクラブと関係する全ての素晴らしいパーティになrました。ここではサポーターと近づくことができ、私達は彼らの愛情の全てを感じることができます。」

      ユーヴェの6試合目で最後のプレシーズン・マッチ、ファビオ・グロッソ監督のプリマベーラに2-0で勝利し、バルツァッリとチームは、土曜日のセリエA開幕フィオレンティーナ戦へ集中した注意を向けることができます。
      その後間もなく続くラツィオとインテルとの戦いの日程があり、5人の新加入選手がすでにチームに馴染んている方法を喜び、イタリア代表は素早く罠から出ることの重要性を強調した。

      「私達はタフなシーズン・スタートになります。初めから完璧に集中し、序盤に勝ち点を得ることは鮭られません。私達はこの夏にハードに動きましたし、この期間の可能性を確信していると感じています。

      新加入選手は非常によく馴染みましたし、これがどんな事を意味するかをすぐに理解しました。私達はより良くお互いを知り続ける必要がありますし、チームとして更に強くなります。」

      獲得できるタイトル、バルツァッリの望む歴史的な6年連続セリエAタイトルへ、来たるシーズンのクラブの目標の可能性は、絶えず成長する団結から当然増える事になります。

      「私達は今シーズン目標を高く設定していますし、当然目標達成へ全力を出します。私達はイタリアで勝利するチームだと知っています。しかし私達の目線は、全ての戦いへ向いています。

      数々のタイトルを争う相手がおり、私達は当然の事としては考えられません。再び厳しい戦いを予想することができ、シンプルに勝利より良いものは無く、6連続スクデットを獲得したいです。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK