23.10.2016 00:41 - in: セリエA S

    バルツァッリ「私達の日ではありませんでしたが、良くならなければいけない」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    「私は負けに怒っています。厳しく受け入れた幾つかのチャンスを通して多くの進歩しなければいけない所があります。後半だけではありません。」

    瞬間は、試合を動かし土曜日の夜のユベントスの思う通りには進ませんませんでした。アンドレア・バルツァッリは、多くを理解しています。しかし、ユベントスに責任があると主張します。

    アンドレアは、ミラン戦で示した印象的なディフェンスのプレーで自分自身をとがめる事が出来ませんでした。

    「私は、自分達自身のパフォーマンスにコメントしません。チームのだけです。」ベテラン・センターバックがACミラン戦敗戦後に話しました。

    私は負けに怒っています。私達は他のプレーしてきた試合よりも良くプレーしたが、もし1-0で負けるなら改善しなくてはいけません」

    まだ、私達は試合について2つの瞬間を話す事が出来ると思います。」

    ミラレム・ピアニッチの取り消されたゴールがその一つです。

    「それは間違っていたが、このような事が起こる可能性があります。まだ0-0で勝つための時間が残されていました。

    今、私達は座り、なにが間違っていたかを見つめハードワークし続けなくてはいけません。

    日々進歩へ必要な事が多くあります。後半に私達は、ほとんどチャンスを相手に与えていません。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK