03.03.2016 01:26 - in: コッパ・イタリア S

    バルツァッリ「決勝進出が一番大切なこと」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    アンドレア・バルツァッリは、ビアンコネリの進行の慰めとして今シーズン2連続コッパ・イタリア決勝進出をサンシーロでの戦いで達成した

    幸いにもこの迂闊な夜はビアンコネリにとってハッピーエンドで終わり、2年連続コッパ・イタリア決勝進出をサンシーロでのPKでの争いで果たした。

    常に重要なペナルティ・キックのオープニングキッカー、アンドレア・バルツァッリは、ミラノでの難しい120分の戦いから今晩の3-0の敗北がユベントスにとってのレーダーにならなければならないと強調し、試合の結果の安心を明らかにしました。
              
    「私はPKを成功できると確信していました、しかし時々それは十分でありません」とバルツァッリは言い、試合後に考えをJtvのカメラに共有しました。「どんなPKでも運に乗る必要があります、そして幸いにも、私達は5人非常に良いPKを行いました。

    私たちは2シーズン連続で決勝のためにローマに戻りますし、それに関し私たちは非常に嬉しく思います。進出できて嬉しいですが、私たちは今夜のパフォーマンスから学び、シーズンの残りの時間のインスピレーションとする事を望みます。」

    全体として試合を反省し、バルツァッリはマッシミリアーノ・アッレグリ監督とディフェンダーのパートナーである代理キャプテンのレオナルド・ボヌッチのコメントを繰り返しました。ビアンコネリのパフォーマンスが全体として酷い間、集中が今晩のミスを直し5月21日のスタディオ・オリンピコでトロフィーを確保する事に集中する方へ現在向かなければならないと結論しました。

    「インテルが疲れ始めた延長戦で私たちはペースを上げ、2、3のチャンスを作りフィニッシュを入れる事が出来ました。この試合の問題は、最初70分でした。一旦2失点目が入り私達は神経質になり、それはメンタル面で動き続けるために多くを持つということを知っています。

    私達は良くなかったが、ただ進まなければいけません。全ての試合と可能な限りの全ての競争に勝とうとする私達のようなチームは、このような試合をする余裕はありません。タフ120分に対する疑いはありませんが、最も重要なことは決勝進出したということです。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK