30.09.2016 10:30 - in: セリエA S

      バルツァッリ「まだ良くなる余地」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      「私達のプレースタイルの改善の余地がありますし、次にタイトルを取ることが、自分達がセットする目標の1つです」

      セリエAカリアリ戦、パレルモ戦に勝利し、ライバル・ナポリに勝ち点1点差で勝り、ディナモ・ザグレブ戦4-0の勝利でチャンピオンズ・リーグ、グループH首位へ上りつめ、インターナショナル・ブレイク前の最後の対戦へ向かいます。

      しかし、ビアンコネリの歴史を作ったディフェンダーであるアンドレア・バルツァッリは、常に改善の余地があります。バルツァッリとチームメイトは火曜日の夜にクロアチアで勝利し、イタリア・チャンピオンが進むシーズンへパフォーマンスのレベルを延ばそうと見ています。

      昨晩SkyとMediasetカメラにアンドレアは、チームの今シーズンのスタート、ヨーロッパでの野心、勿論日曜日のアウェイでのエンポリ戦への挑戦について話しました。

      「全ての道へのクオリティ」

      「私達は、過去数年、自分達が作った自分達が自分達がプレーする全ての戦いでの全ての道へ進む為のクオリティを持っています。だれも私達がチャンピオンズ・リーグの優勝候補だと行っていませんでしたが、同時にそれを理解し、戦うに必要なのもの持っています。

      私達は、これまで無敵だと思っていません。この夏に強化した事に気づいているが、強引に進むつもりはありません。以前よりも多くのミスが今シーズンあります。どのチームをユベントスに勝利する為にそれぞれ自身の限界で戦います。それは私達に自分達の試合を行なう事を強制します。」

      後ろを見て、前方を見る

      「自分達自身のプレーに改善の余地があります、それは優勝と共に私達のシーズンの目標の1つです。

      時間と共に良いフットボールは、良い結果をもたらします。当然、私達は、堅実と規律を放棄する事は出来ません。私達がここまでもたらした事、長年にわたる出してきた大きな結果がありますが、自分達の重要な目標を確実にする為に進歩してプレーします。」

      トスカーナで完璧な集中

      「エンポリは、ハードワークするチームで常に、潜在的に油断出来ません。勝ち点3を得なければいけませんし、それを当然と思わずに戦いに行きます。システムではなくパフォーマンスが試合を決めます、私達がどんなラインアップでも日曜日非常に良いプレーをしなければなりません。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK