01.12.2016 22:00 - in: スポンサー S

      バルツァッリとランドスタッド、勝利の方法

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      アンドレア・バルツァッリは、ユベントス・スタジアムでランドスタッドによって組織された木曜日のワークショップで素晴らしいキャリアを定めるためへの貢献に重要な部分を洞察した

      ユベントスで5度のセリエA優勝、イタリア代表で世界一に、ヴォルフスブルグでドイツ・ブンデスリーガ・チャンピオンになったアンドレア・バルツァッリは、最高の成功を形作ってきました。

      したがって、ユベントス・スタジアムでのビアンコネリ・オフィシャル・パートナー・ランドスタッドが組織する今夜のワークショップでバルツァッリは顕著な話題に取り組む完璧な意見を提供した。すなわち、人生がどうかに関わらず優秀さを達成することの背景の秘密には、特にバルツァッリの場合、職場とピッチに関してを提供した。

      トップへの道を定めるために重要な瞬間について述べる際、バルツァッリは、地方チーム、サン・ミケーレ・カットリカ・ヴィルトゥス、ロンディネッラ、ピストイエーゼでの最初の経験から話し始めました。

      「当時、私は単に夢を見ていた子供でしたが、完全にこの職業を続けることができるとは決して本当に理解していませんんでした。当初、プロの選手になることは自分の計画ではありませんでしたし、セリエAは本当に遠くに考えられました。」

      現在から想像するのは難しいかもしれませんが、10代の時のバルツァッリは、ユベントスの現在のマッシミリアーノ・アッレグリ監督から明確なアドバイスの言葉を受け取るまで中盤でも戦っていました。

      「私は最初、ポジション変更にそれほど確信していませんでした。しかし徐々にそれが恒例となりました。ピストイエーゼでの6ヶ月でマッシミリアーノ・アッレグリ監督と同じチームでプレーしました。私のポジションのコンバート、ディフェンダーになったのはアッレグリの考えであったと今主張します!」

      しかし、試合においての一つの方法から、シンプルに、監督とチームメイトの提案を得ることを強く求めます。「限界に既に達したと考えないことが重要です。そして備えるために強くハードワークします。」バルツァッリは続けます。

      「深く戦う必要がある時、最大のスターさえ振り返りませんし、それが本物のチャンピオンになるための鍵です

      ユベントスを見ると、ここに加入する選手は誰でも、シンプルに同じ時期に在籍している選手を例えに見なくてはいけません。私が新加入の時に起きたことですし、この種の行動とプレッシャーに慣れていなくても、それがビアンコネリのやり方ですし、適応することができます。」

      フォワードとの一対一の場面での強さとなると、試合で最高の1人になると、試合中のバルツァッリを見た誰でも理解できます。試合から離れた所でも多くの才能を観る事が出来ます。

      「各々の試合前にかなりの備えをする事ができます。利き足が右か左か、ドリブルとシュートでどう使うかを対戦相手への宿題とします。しっかりと両足を使う選手なら明らかに非常に厳しい物です。1つの状況で1つのトレーニングをすることは簡単ではありません。トレーニング中にこのシナリオでトップになる事は珍しい事だと認めなければいけません。」

      2008年にドイツのブンデスリーガ、ヴォルフスブルグからユベントスに加入する数年前、アンドレアにキャリアの主な分岐点が訪れました。そして1シーズン後リーグ・タイトルを獲得し続けています。

      「ドイツ時代、私は父にもなり自分と奥さんに取って初めての海外の経験でした。この前は、私は完全に違う人間でパレルモでは「平均的」な選手でした。ですが、2006年のワールドカップの後ビッグクラブへの準備が出来ていると感じました。

      実際は、その時準備は出来ていませんでした。しかしヴォルフスブルグでの2年後その時点の選手としてオファーを受けるのは簡単な決定でした。

      私はドイツでフェリックス・マガト監督の下でプレーし、彼は私のメンタルを完全に変えました。何かの不満を口にした時は常に「何故トレーニングが上手くいかないのか解りますか?自分のしている事を信じていないからです。と言います。確かにトレーニングで70か80%の力でプレーしボールに触れていませんでした。アプローチを変え、常に100%でやる事にしました。」

      家族が関係する場所では、ハードワークは犠牲無しでは生まれません。「私はこれを誇りには思いませんが、自宅にいる時、常に心にプレーの事を考えており、まるでそこにいないようだと奥さんは私に話します。

      奥さんは正しかったです。ユベントスでの最初のリーグ・タイトル後のオフを思い出すと、2連続スクデットを挙げたいという事以外何も考える事が出来ませんでした。夢中でした。

      「私は何がこのクラブで私に起こったか解りませんが、現状があります。フットボールがなければ家族と共に時間を費やす事が出来たかもしれませんが、私は多くの時間を使わなければいけませんでしたし、将来を補うことが出来る事を望みます。私達が持つ全てはフットボールのお陰ですし、自分の仕事と人生における目的です。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK