18.08.2016 16:30 - in: チーム S

      ベナティア「タイトルへの目線」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      メディ・ベナティアは、ユベントスのフィオレンティーナとの開幕戦前に今シーズンタイトルを獲得する事の重要性を強調した

      メディ・ベナティアは、ちょうど1ヶ月前にユベントスの選手になりました。7月15日にバイエルン・ミュンヘンからレンタルで加入すると、即座にこのモロッコ代表ディフェンダーは、シーズン前のクラブ・ツアーで2度の得点、メルボルンでのトッテナム・ホットスパー戦と香港での南中国との対戦で印象を残しました。

      直近ではウェストハム、エスパニョール、ヴィラール・ペローザでのプリマヴェーラとの親善試合に出場し、ベナティアはビアンコネリの他のメンバーと同じく土曜日夜のフィオレンティーナとの開幕戦でのユベントス・スタジアム・デビューを本格的に始めるのを待ちきれないとい状況です。

      今日Skyスポーツとメディアにクラブでの最初の5週間を話しました。
      「私達は一生懸命に働き、完璧に備えました。夏は、シーズンのベースを築く絶好の時間です。

      私達は今週末のシーズン開幕が嬉しいです。予想は高いですし、外では勝利するだろうとされているが、私達はそれを当然とは思っていません。」

      結果への精神的な強さと責任の明確性は、時代を通じたビアンコネリの成功へ長く関係するクオリティですし、この重要性はベナティアの上に確実に失われていません。そして、彼はこのシーズンでの大きな物を成し遂げるクラブの目標を繰り返しました。

      「ユベントスに加わる選手は誰でも、このチームで勝つ義務があるという事実を利用しなければなりません。私は、この理由のためにここに来ました。
      例えそれが私達の戦いで、厳しい争いで優しくないと理解してても、タイトルを取り続けたいです。私達のメインの目標は6連続スクデットの主張です。そして私達がヒストリーブックを書き換えるのを見ます。

      私達は、昨シーズンの終わりに離れ、同様にヨーロッパで大きな夢を見るために、さらに何かを与える必要がります。『夢』という言葉はどうしようもない狙いのように聞こえるかもしれませんが、このクラブとチームが勝つ方向へしっかりと動いていると思っています。
      きびいですが、自分たちの目標である必要があります。」

      総体的なクオリティからユーヴェの個々のスターの才能へ話題は移り、特別な賞賛がクラブのキャプテン、ジャンルイジ・ブッフォンへ確保され、ビアンコネリで長い間ストッパーとして英雄的なプレーを残したことに賞賛し、ベナティアはフォワードへ高い期待を持ちました。

      「前線に、偉大な選手がおり幸運です。イグアインとディバラが昨シーズンと同じ数得点を奪い、守備をきつくしておくなら、タイトルへ確実なステップになります。

      ディフェンダーに関して、多く学ぶことが出来る偉大なディフェンダーとプレー出来ることは喜びです。
      それから、キャプテンがいます。過去に何度か彼と対戦しましたし、彼のキャリアに対する大きな経緯と支持を私は常に持っていました。彼は全ての若者の人生の手本です。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK