16.07.2016 16:30 - in: チーム S

      ベネティアの目線はビアンコネリでの成功

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      メディ・ベネティアは目標をユベントスでのシーズン成功としています。「狙いはイタリアでの覇権を維持する事とヨーロッパで戦うという事です。」

      メディ・ベネティアはイタリア、そして海外でビアンコネリとして成功したシーズンを過ごす事を目標とし、バイエルン・ミュンヘンから長期レンタル移籍で加入した。

      ユベントス・スタジアムで今日初めて会見を行い、モロッコ代表ディフェンダーはユベントスが国内での勝利を続ける事への貢献と、同様にヨーロッパでの大きな戦いへ狙いを定め、自身の野心を明白にしました。

      ヨーロッパでの野心

      「狙いは、今シーズンのスクデット防衛であるが、同様にヨーロッパでの競争的になる事です。昨年、両チーム決勝進出に値するチームであったのに、ユベントスとバイエルン・ミュンヘンがベスト16で戦わなければいけなかったのは残念でした。2015年にバイエルンとの決勝戦を戦ったのを考えると、ビアンコネリがチャンピオンズ・リーグを獲得する事ができると私は思っています。ヨーロッパでのクラブ間で自分たちの位置を確かめる事は、疑う余地なく私達の目的です。」

      イタリアへの復帰

      「バイエルンは素晴らしいクラブですが、私にとって怪我で、厳しい2シーズンとなりました。私は、家族、セリエAとここの生活スタイルのためにイタリアに戻りたかったです。私はイタリアの考え方が多くくつろげると感じていますし、ユベントス加入は私にとって論理的選択でした。」

      メディとミラレム

      「ミラレム(・ピアニッチ)は私の偉大な友人です。私達は、ローマ時代によく遊びました。彼は私のルームメイトで、よく一緒にトレーニングを行いました。再び彼とここで協力できる事に非常に嬉しく幸運だと思います。
      彼は非常に才能のあるフットボール選手で、来るべきシーズンへユベントスに協力なクオリティを持ち込みます。」

      バックラインの輝き

      「レオナルド・ボヌッチ、アンドレア・バルツァッリ、ジョルジョ・キエッリーニの3人は「怪物」ですし、ダニエレ・ルガーニは、イタリアにとって非常に有望な選手です。私は新しいディフェンダー、チームメイト全員に対し多くのリスペクトがありますし、私は強くハードワークしますし、全力を与えます。私は自然に4バックラインでのプレーを好みますが、ウディネーゼでの3バックの中心的でディフェンダーとしてプレーしていたので、両方のフォーメーションに慣れています。」

      ユニフォームの選択

      「私は、背番号4を選びました。偉大なパオロ・モンテーロとマルティン・カセレスが、このユニフォームを身につけました、そして、私は現在それを着る事ができ誇りです。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK