03.12.2016 22:54 - in: マッチレポート S

      アタランタ戦でビアンコネリ、勝利の道に戻る

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      アレックス・サンドロ、ダニエレ・ルガーニ、マリオ・マンジュキッチのゴールでアタランタ戦3-1で勝利

      ビアンコネリは、ユベントス・スタジアムでのアタランタ戦で納得のいく3-1の勝利で先週末のジェノア戦から立ち直った。

      アレックス・サンドロ、ダニエレ・ルガーニのゴールで熱狂的なダメージを与え、前半の4分間でユーヴェは試合を握り、マリオ・マンジュキッチが60分後に6試合で4得点目を挙げ追加点を与えた。

      6連勝からこの試合に臨んだアタランタが得点を奪う時です。レモ・フロイラーが82分に近距離から得点を奪った。

      しかし、このゴールは、アタランタにとって単なる慰めとなり、ユーヴェは翌日に戦う2位ローマに対し勝ち点7点差をつける非常に重要な勝利を挙げた。

      力強いスタートを切ったビアンコネリは、試合開始から15分でアレックス・サンドロが3人のアタランタ選手を驚かせマルコ・スポルティエッロから低いシュートで得点を奪い、今シーズン最初のゴールで先制点を挙げます。

      そして4分後、ルガーニは怪我から復帰し、最初のスタートを戦ったこの試合で頭で得点を奪い、リードを2点にした。

      ミラレム・ピアニッチの安定したフリーキックは、スポルティエッロからゴールを奪いそうだったがゴールならず、ハーフタイムまでユーヴェは加速し、後半開始後も強くスタートし、マンジュキッチの48分のシュートはブロックされた。

      クラウディオ・マルキジオがこの夜の良い試合を中央で楽しみ、また距離のあるシュートも放った。そしてマンジュキッチのヘディングが、この試合残り30分を残しを決めた。

      フロイラーがスマートなボレーでジャンルイジ・ブッフォンから得点を奪ったこと以外は最高のパフォーマンスでした。

      アッレグリ監督とチームの非常に楽しい試合となったが、注意は現在、ディナモ・ザグレブとの水曜日ホームでのチャンピオンズ・リーグへ向かいます。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK