14.06.2016 10:00 - in: 公式レポート S

    ビアンコネリ、ユーロで100%勝率記録を維持

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    イタリアとアルバロ・モラタのスペイン勝利は、ビアンコネリがプレーしたユーロ2016の6試合で最大勝ち点を得続けることになった

    ユーロ2016はここまで6試合でビアンコネリ選手が関わっており、全ての6試合で勝利を挙げています。

    月曜日に、アルバロ・モラタのスペインと、ジャンルイジ・ブッフォン、ジョルジョ・キエッリーニ、アンドレア・バルツァッリ、レオナルド・ボヌッチ、ステファノ・ストゥラーロ、シモーネ・ザザが選ばれているイタリアは、ポール・ポグバとパトリス・エヴラのフランス、シュテファン・リヒトシュタイナーのスイス、マリオ・マンジュキッチのクロアチア、サミ・ケディラのドイツに続き、ユベントスの選手が関わった試合での最新の勝利として加わった。

    この日の戦いがキックオフし、モラタはチェコ戦で62分間スペインの攻撃をリードし、ヨーロッパ・チャンピオンは厳しく戦い、ジェラール・ピケが87分に頭で決勝点を挙げた。

    この結果、スペインは、マンジュキッチのクロアチアとグループDで勝ち点3で首位に並び、2人のユベントスストライカーは、6月21日火曜日にグループ・ステージ最終戦で直接対決を行います。

    一方グループEでは、ビアンコネリのディフェンス・ユニットであるブッフォン、キエッリーニ、バルツァッリ、ボヌッチがベルギーと対戦し、イタリアは2-0の完勝。スターが揃う対戦相手に対し、得点機を殆ど与えず無失点に抑えた。

    32分にボヌッチがピンポイントの正確なクロスで、元ユベントスのエマニュエレ・ジャッケリーニのアズーリでの初得点をアシスト、アントニオ・コンテ監督のチームは、印象的でヒロイックなディフェンスを示し後半アディショナル・タイム3分のグラツィアーノ・ペッレのボレーシュートによる追加点まで、ベルギーに対し試合を全体的に支配した。

    この勝利で、イタリアはグループEでアイルランドとスウェーデンが引き分けたためベルギーを含み2試合を残し勝ち点3で単独首位に立った。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK