11.01.2016 13:30 - in: セリエA S

    ビアンコネリ、ミッド・シーズン・レビュー

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    セリエAシーズン前半を終え、Juventus.comは19リーグ戦でのビアンコネリの際立ったスタッツを振り返ります

    サンプドリア戦の勝利でユベントスのシーズン前半が終わった。困難から始まった5ヶ月も10節以降セリエA9連勝で、12位から2位へ順位を挙げた。

    この結果を受け、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは若干の印象的なスタッツを記録し、その最高の点は下記を特徴とします。

    チーム努力

    ナポリ、フィオレンティーナ、ローマに続きビアンコネリは33ゴールでセリエAで4番目に強い攻撃を誇ります。
    伝統的に守備的なリーグで、15失点とナポリと並んでインテルに継ぐ2番目に最少失点を記録しています。

    この時期の得失点差に関しては、フィオレンティーナと並び、+18で2番目となり、マウリッツィオ・サッリ監督のチームを追いかけます。

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは、最初のスポットとして262回のドリブルと167回の被シュート数となっています。

    一方、首位のナポリより22本少ない306本のシュートを相手陣地で放ち、55.75%という3番目に高いポゼッション率を楽しみました。 フィオレンティーナが62.85%で最高のポゼッションを誇った。またパス完成は3番目で19試合で8,306本となり、ナポリとヴィオラを追いかけます。

    個人技

    個人レベルで目立つものは、ポール・ポグバとパウロ・ディバラが、それぞれ合計58本と55本のシュートを放ち枠内へは18本と20本を放ち、シュートに関して最高のパフォーマンスを見せています。彼ら両選手はフアン・クアドラードのドリブル完了に53回、38回、37回と加わります。

    ディバラは強く他の部門で大きな位置を占めます。得点機会を4番目に多く作りました。42回はジャコモ・ボナベントゥーラのスタッツから丁度5回後ろで、コーナー(116回)を含みクロス数は5番目に多いです。

    一方防御では、ポグバが7番目にボールを取り戻した選手で、レオナルド・ボヌッチとジョルジョ・キエッリーニはそれぞれ1,017回と928回パスを完成させリーグのトップ11となった。ポグバは138回です。

    シーズン後半には何が待ち構えているでしょうか?ラウンド2が1月17日日曜日のウディネーゼ戦で始まります…

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK