13.03.2016 16:30 - in: セリエA S

    ボヌッチ「バイエルン戦へ信念を高く」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    レオナルド・ボヌッチは、バイエルン・ミュンヘンとの水曜日のチャンピオンズ・リーグ決戦へ楽観しています。「私達は、次のラウンドへ達する熱意と決意で戦いに向かいます」

    どんな簡単な試合はチャンピオンズ・リーグにはありません。しかしトーナメントの優勝候補本命の1チーム、バイエルン・ミュンヘンのホームへの遠征はワールドクラスのフットボールでの戦いで最も困難な可能性の戦いと考えられています。

    しかし、ユベントスに関する限りこの高尚な挑戦で、自分の立場を明らかにするより大きな理由があります。レオナルド・ボヌッチによると楽観しバイエルンとの水曜日のリターン対決にアプローチし、トリノでの2月のファースト・レグでセンセーショナルな後半のパフォーマンスでの2ゴールで同点に追いつきビアンコネリが反撃したところに理由があります。

    Jtvにディフェンダーは話しました。「これは相当な戦いですし、私達は次のラウンド進出へ多くの熱意と決心でミュンヘンに向かいます。
    どのくらいバイエルンが強いか理解しています。しかし、彼らも2、3の弱点があり、私達はそこを突くのを期待します。

    「間違いなく私達は完全に間違った形でファースト・レグを開始しました。どんなフォーメーションでプレーしていたかは関係ありませんでした、自分たちはより多く戦わなければいけないということを理解しました。私達は向かい合い自分自身に応じた戦いをしその時点からもう一度自分たちは真のユベントスをなりました。」

    ユベントスのアイデンティティへの中心は長年に渡り、リーグ10試合連続無失点試合を記録した金曜日1-0で勝利したサッスオーロ戦勝利での強烈なディフェンスを今シーズン同様に行っていました。一方、セリエA無失点記録である923分無失点をジャンルイジ・ブッフォンはあと4分で破ります。

    「この事実が、私達のプライドになり、ジジがどのようにフットボール歴史で一番のゴールキーパーかというのを証明します」とボヌッチは主張し、バックラインをディフェンスするチームの能力を賞賛し、カウンター攻撃へコンパクトに危険から守るのを確認します。

    「ストライカーが新たに攻撃を始める際にペナルティ・エリア端でポゼッションを取り戻すことに私達は慣れています。これは、全員がディフェンスの観点からそれぞれのパートだということを意味します。」

    守備の話題にとどまり、成長し続けるビアンコネリのバックラインのレギュラーを狙うチームメイト、ダニエル・ルガーニを振り替えました。21歳のディフェンダーはサッスオーロ戦に金曜日夜に安定したプレーを残しました。

    「ダニエレは来る数年後のバックラインの重要なメンバーになる可能性があり安心できます。皆んなコッパ・イタリアでのインテル戦での彼のパフォーマンスを批判しましたが、実はその日を大きく戦うことができなかったのはチーム全体でした。PK戦へ持ち込み最終的に決勝進出した私達はラッキーでした。今、ローマに行きカップを防衛しトロフィー・キャビネットに加えるのが目標です!」

    クラブ史上11回目のコッパ・イタリア優勝を目指す他に、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは5連続スクデット・タイトルを確保することが念頭にあり、ボヌッチが強調したのは、少し時間に最も激しく戦うことを表しています。そして今シーズン、対戦相手に増量した質を与えます。

    「今年は疑う余地なく、より競争的ですし私達の能力の強く最高なプレーを残すという事です。追いかけてくるチームは非常に良いフットボールをし、特に、ナポリ、フィオレンティーナ、ローマがです。ローマは著しく良くなり、ルチアーノ・スパレッティ監督の復帰以来、自己信念を回復しました。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK