13.01.2016 16:00 - in: セリエA S

    ボヌッチの目線は歴史と共に

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    レオナルド・ボヌッチは、5年連続スクデットを獲得しクラブの国内での記録と並ぼうとというビアンコネリの野心を明かした

    正確にシーズンの折り返しで、チームの目的はが2015/16シーズンの後半が何の為にあるかレオナルド・ボヌッチは、疑いがありません。

    10月下旬からセリエAの順位を11位上げ、首位ナポリに対し2点差の位置に自信を置き、ビアンコネリは1930年代の伝説の5連覇に並ぶリーグ戦5年連続優勝のチャンスを得ています。

    Skyとメディアにボヌッチは話しました。「私達は、5年連続スクデットでヒストリーブックを書き直そうとしています。この3ヵ月で、私達は試合に勝つために非常にどん欲な再発見があり、それはこのユーヴェというチームと前年に関連づける事です。」

    今シーズンの序盤を振り返りボヌッチは、分岐点はサッスオーロに1-0で負けた事に対するリアクションを確認した。その秋のレッジョエミリアの夜から、ボヌッチとチームは、9連勝を楽しみました。

    「あの試合の後、イタリアでプレーしこのユニフォームを着るということを新加入選手に示すことが私達の仕事で、ベテランメンバーを含むチームが試合を押し進める必要があると全員が思いました。

    私達は、このチームのクオリティを理解しここにいます、復帰してきていると知っていました。必要としたものは、私達が必死にチームとして自分達の仕事を上げるという事でした。

    チーム内でより強い関係を作り上げ、順位を上げるのに貢献するという観点から、堅実な動きは、多分非常に役に立ちました。私達はこのプレーを止める気持ちはありません。」

    「昨年、私達はヨーロッパの選り抜きのチームへ自分達を認めさせましたし、そこに留まることが私達の義務です。」

    レオナルド・ボヌッチ 1/13/2016

    注意をスクデットへのユベントスの挑戦者に目を向けて話しました。「最大のライバルをスクデットを奪われるとしたら、ナポリでしょう。納得の行くプレーとイグアインがいます。

    「しかし、順位は、挑戦的な4チームが栄誉に輝く事を示唆し、全てはシーズン最後の数試合で決まるだろう。シーズン後半が進むに従って非常に難しくなると気づいています。」

    ボヌッチは今シーズン初めてダニエル・ルガーニとディフェンスチームを組み、ルガーニはビアンコネリで始めの6ヶ月を過ごし、賞賛を得ました。

    「ダニエルは、大器です。彼の強さは一対一に勝つ能力ですし、彼は戦術的な見解から状況を読む事があり非常に知的です。

    エンポリで、彼は特定のやり方に慣れていましたし、彼は私達のシステムの範囲内でも良く育ちました。ユベントスと代表で平行してシーズンを過ごす事が彼のためになることは明白です。」

    インタビューの終わりにボヌッチ、バイエルン・ミュンヘンとのチャンピオンズ・リーグベスト16へ目を向けました。5度の優勝経験のあるチームと厳しい対決を予想するも、自信はチームが準々決勝のステージへ進むための努力で結果を出す事が出来るとボヌッチは強調した。

    「バイエルンはクオリティであふれていますが、次のラウンドで私達との対戦になったのは彼らにとってあまり嬉しくない事だと、確信しています。この試合が簡単でないと理解していますが、恐れず正しくリスペクトし乗り越える為に最善を尽くします。昨年、私達はヨーロッパの選り抜きのチームへ自分達を認めさせましたし、そこに留まることが私達の義務です。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK