20.04.2016 22:57 - in: セリエA S

      素晴らしいビアンコネリ、ラツィオ戦でタイトルへ大きなブースト

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      水曜日夜、ユベントス・スタジアムで3-0でラツィオに勝利し、ユベントスは首位で再び勝ち点9点のリード

      ユベントスは水曜日夜、ユベントス・スタジアムで3-0でラツィオに勝利しスクデットへ重要な後押しを与えた。残り4試合で2位ナポリに勝ち点9点差を前回優勝チームはつける結果となった。

      ビアンコネリは正に最初の笛から勢い良く戦い、前半で今シーズン最高の枠内へのシュート数(6)を形作った。
      39分までラツィオ・キーパーのフェデリコ・マルケッティが同点に保っていたが最終的にマリオ・マンジュキッチが至近距離でのシュートで先制点を得てハーフタイム前にユベントスがリードした。

      マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは、後半非常に高い強さを維持し、最終的にラツィオを圧倒することになり、結局訪問客を圧倒することになりました。パトリックがハーフタイムから僅か3分後にパウロ・ディバラを倒してしまい退場。

      そして、ディバラが完璧なシュートを放ち自身の手に結果を残します。ペナルティ・スポットから最初のゴールを挙げ2点目は右足の素晴らしいシュートでの得点となった。

      シーズン終わりの栄誉への努力において重要な勝ち点3をに迫るも、ラツィオは決して諦めなかったがユベントスはアドバンテージを得る為にゴールを挙げました。

      ビアンコネリの立ち上がりはシュテファン・リヒトシュタイナーがポール・ポグバのクロス・ボールを争い中央のディバラに届き9分にリードに近づいたがマルケッティが至近距離でブロックした。

      ラツィオのゴールキーパーは既に連続から2試合無失点を保っており、3試合目をここで達成するという固い決心があるように見えた。そして15分のポール・ポグバの強烈なハーフボレーをニアポストで低くブロックした。

      5分後、彼はゆーヴェは更に猛烈なシュートを同じ様に枠に外れたものの、アレックス・サンドロが左サイドから放った。

      ユーヴェは優勢に試合を始め21分に決定機を迎えます。ポグバがサミ・ケディラとのプレーでマルケッティとの1対1を迎えるも、得点することはできなかった。

      このプレー後、ディバラがマルケッティの4度目のセーブ強いて、殺気立った試合の4分の1を迎え、ディバラの本能的なヘディングはラツィオ・キーパーに阻まれた。

      2、3の比較的無害な決定的ではないラツィオ反撃後、ポグバとケディラのシュートは30分直後にクロスバーの上へ越えビアンコネリはファイナルサードでの圧を積み重ね続けた。

      ディバラはマルケッティに再びブロックされたが、攻撃を確かめ続けマンジュキッチがボックスの向こうにいるポグバのドライブを軽く触れ、アッレグリ監督のチームはマ文句なく39分にリードを奪いました。このゴールは、マンジュキッチの4リーグ戦出場で3点目となった。

      ユベントスは、前半のプレーと同様に後半を開始し、ラツィオの後方、守備のミスを誘うプレーを強いた。

      48分に右サイドバックのパトリックがディバラへのファウルで退場、この200秒以内にウェスレイ・ホードがエリア内でレオナルド・ボヌッチが倒し、ペナルティ・キックを得て、ディバラは冷静にゴール角へボールを収めた。

      ディバラはこの夜のベストであり、ケディラのセンターへの折り返しを右足でマルケッティからゴールを奪い、64分にユベントス・スタジアムの全観客を総立ちにした。冷酷にも素晴らしく当然の結果で、ケディラはチームメイトと誠実な愛情に満ちているホームの全員とともに、こんシーズンセリエA16ゴール目をセレブレーションした。

      ディバラと75分に交代したシモーネ・ザザは、前線でマルケッティと戦いますが、既にラツィオはダメージが大きく、アッレグリ監督は、クワドォー・アサモアとステファノ・ストゥラーロを投入しポグバとケディラを休ませることにした。

      ビアンコネリはこの試合で固い決心でナポリに対する重大な勝ち点3を得た。ナポリは今週末にローマとアウェイで対戦します。

      ユベントス

      ブッフォン, バルツァッリ, ボヌッチ, ルガーニ, リヒトシュタイナー, ケディラ (ストゥラーロ 70), エルナネス, ポグバ (アサモア 83), アレックス・サンドロ, マンジュキッチ, ディバラ (ザザ 75)

      未出場控え: ルビーニョ, アウデーロ, エヴラ, パドイン, レミナ, クアドラード

      監督: アッレグリ

       

      ラツィオ

      マルケッティ; パトリック, ホード, ヘンティレッティ, ルリッチ; パローロ (ミリンコヴィッチ 46), ビリア (カタルディ 77), オナジ; F・アンデルソン (バスタ 54), ジョルジェヴィッチ, ケイタ

      未出場控え: ベリシャ, グエッリエリ, ブラーフハイト, モリソン, マウリシオ,  ロッシ, パロンビ

      監督: インザーギ

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK