14.02.2016 00:30 - in: セリエA S

    フッフォン「守備の強さが終わりまで輝いた」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ジジ・ブッフォンは、土曜日にナポリ戦でのユベントスの勝利で再び優位な守備のパフォーマンスを称賛

    ナポリが土曜日夜にユーヴェの貴重な勝利で93分間通して枠内へのシュートを1本に抑えるなら、ジジ・ブッフォンと彼の守備陣が素晴らしいプレーを残したという明確な物です。

    本当に、ブッフォンがビュフォンがラウル・アルビオルの正確なヘディングを止めるためにゴール前で優れたプレーをもう一度残し、レオナルド・ボヌッチの最後のタッチはゴンサロ・イグアインの決定的にゴールに結びつくチャンスをものにさせませんでした。そして、アンドレア・バルツァッリは、相手の攻撃を単体で分断し大部分で抑え多くの鍵となるディフェンスを残しました。

    したがって、賞賛はユーヴェのキャプテンから贈られ、彼らは2016年の7試合目のセリエAで無失点試合の主役を演じました。

    「バルツァに関して、私は彼のIDカードを引き裂きたくなります。彼が35歳だとしても、私は一度も、ここまでシーズンで最も重要な試合でのプレーで決してためらいません。
    同じことはレオとジョルジョにもいえますし、チームの本当に恐るべき団結の強いパートであることを完成します。

    私はチームの信じられないほど優秀なディフェンダーでプレーしているので幸運です。そして、勿論彼らの前のミッドフィールダーとストライカーのハードワークにより助けられます。」

    終りのない努力は今夜の勝利のテーマで、彼らが初めて今シーズンのリーグで首位を勝ち取った結果の重要性に関して、ブッフォンに殆ど疑いがありません。

    「残り15分で、私達は本当に深く戦わなければなりませんでした。
    引き分けは悪い結果でありませんが、どこかからのマジックで私達が勝ち点3への願望を常に保っていました。

    今夜負けていたら、反撃する事が難儀になりました。言うまでもないことですが、まだ13試合があり、紆余曲折と多くのチャンスがシーズンの残りにあります。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK