13.09.2016 20:20 - in: チャンピオンズ・リーグ S

    UCL開幕前に大きな狙いを定めるブッフォン

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ジャンルイジ・ブッフォンはビアンコネリが野心を持ち続ける必要があると強調します。一方で自己満足を避け今シーズンのチャンピオンズ・リーグを乗り出します

    ジャンルイジ・ブッフォンは、チャンピオンズ・リーグに不慣れではありません。この大会で104試合出場を記録している、ユベントスのキャプテンは、年々ヨーロッパで優れたパフォーマンスを目立たせて続けました。

    そして、セビージャとのUCL初戦前の記者会見で示された様に、ブッフォンは繰り返し基盤を正確に話し、進歩し続けることを考え、最終的にヨーロッパの冒険を成功させ道を開くことをビアンコネリは見ています。

    ブッフォンの重要な引用です。

    UCLの夢

    「チャンピオンズ・リーグは、個人の夢ではなく、クラブ全体、選手とファンの夢だと私は強調しなければなりません。このグループの多くのメンバーがこの方向を向いていますし、全力の努力でこの偉業を達成したいです。」

    地に足をつけて

    「優勝候補と考えず大会に臨みますが、私達は、夏の加入選手によって補強された素晴らしいチームです。

    私達は年々ヨーロッパで改善してきました。ユベントスの可能性が今シーズン無視する事は出来ないのは明白です。言うなら、どんな安心感を持ってもトーナメントでの戦いで対戦相手にクオリティを与えれば勝てますから、地に足をしっかりつけなければいけません。」

    経験の重要性

    「経験を持っている事、すでにどの様に戦いメンタルを克服する事を知っているという事は、特に最初の数試合の鍵になります。

    私はキャプテンである場合があります、しかし、チームは多くの国際試合の経験を誇る選手から構成されていますから、本当に誰にも何かを教える必要はありません。
    そんな理由から、特定の試合の重要性について、または、ベストを備える方法について話す必要はありません。私の役割は、シュートを防ぐ事です。」

    永遠の野心

    「ここまで私達がチャンピオンズ・リーグでした事は十分ではありません。過去の敗退は、私達の価値だったからです。

    私の見方は、どのアスリートもそれぞれのキャリアの最後まで試合を戦う事ができるという事です。ですから、私達全体と個人として高い狙いを持ち続けなければならないと私は思います。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK