18.09.2016 21:52 - in: セリエA S

      ブッフォン、言い訳はしない

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      「自分達の持っているものを失うのは痛みです。私達は堅実ではなかったが、これはシーズンのスタートです。この敗北は私達にとって良いものでしょう。」とユーヴェのゴールキーパーは、試合後に話しました

      ユベントスのキャプテン、ジャンルイジ・ブッフォンは、日曜日夜サンシーロでのインテル戦を2-1で負けたあと、チームが良くなかったと認めた。

      「自分達の持っているものを失うのは痛みです」と、終了の笛の後のブッフォンは切り出しました。「試合の65分で最高ではなかったのは本当ですが、それにもかかわらず私達はリードしました。これから敗北ではなく引き分けへ持ち込むことができます。」

      ブッフォンは率直に話します。結果に言い訳することなくビアンコネリがいかに上手くいかなかったかを分析しました。

      「私達のプレーにおいてビルドアップと気持ちと流動性が足りませんでしたが、何度も言います。私達はリードしました。そして私達が決定的な勝利を示す必要がありましたが、何かが不足していました。明らかに私達は今それを持っていません。

      私達は、特にセットプレーから多くの失点に慣れていません。そして全てのミスから失点する場合、何が欠けているかを示します。」

      ブッフォンは、ユベントスがインテルを軽く扱ったという提案を払拭します。

      「私達はインテルを侮りませんでした。外で言われていることに関係なく、ピッチで自分自身を証明しなければなりません。例えばサッスオーロ戦で私達のプレーは褒められました。しかしホームでどのように4つのはっきりとしたチャンスを与えたかについて理解できませんし、起こすことはできません。

      私達がセビージャとの試合後、批判を受けたが、私は自分達が上手くやりソリッドに戦えると思い、チャンスを作り失点しませんでした。そんなことを全てを話すと、これはシーズンのスタートというだけです。若干の浮き沈みは予測できますが、この敗北は私達に良いものです。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK