22.05.2016 02:10 - in: コッパ・イタリア S

    キエッリーニ「チャンピオンのクオリティは終わりまで輝いた」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ジョルジョ・キエッリーニは、土曜日夜のクラブの歴史上11回目のコッパ・イタリア優勝を果たしたチームの「巨大な努力」を称えます

    彼らは言います、特に良くプレーが無くとも試合に勝つという事は、チャンピオンの原則の一つだと。そしてカップ戦決勝でトロフィーの危機と最低である場合もあります。

    それはミランに対するビアンコネリの厳しい勝利でのプレーから新鮮なジョルジョ・キエッリーニの見方です。ユーヴェが延長戦でアルバロ・モラタの劇的な終盤のゴールを得るまで、キエッリーニは2チームで誰よりも強く戦い、重く脅かしました。

    「私達は、これが難しい試合であると知っていました。」と、キエッリーニは切り出しました。
    「私達は今夜大きな試合をしませんでした。しかし、私達の集中は終了の笛まで適切でしたし、試合に留まる巨大な努力で最終的に終盤に得点を上げる事で、自分たちの本当のチャンピオンのクオリティを示しました。

    常に、勝利は素晴らしい気持ちです。チームとして私達の強さで大きくコッパ・イタリアのキャンペーンでのあらゆる段階に注意を払ったという事実がこの勝利です。今シーズンあらゆる戦いで進行する事ができ、3つ中2つを物にできると私達は初めから思っていました。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK