09.03.2016 19:30 - in: スポンサー S

      キエッリーニは、ユベントス・スタジアムでランスタッドと協力

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ユベントス・スタジアムで行われタ水曜日のランスタッドのワークショップで、ジョルジョ・キエッリーニは、リーダーシップ、経験、集中などについて話しました

      フットボール・ピッチは様々な点で、多くの企業と産業の中で固有のメインとなる価値をまとめました。リーダーシップ、チームワーク、責任と野心があるかどうかです。

      ユベントスのパートナーとして世界的に2番目に大きいHRサービス企業ランスタッドが水曜日夕方に「ランスタッド・パーフェクト・チーム」ワークショップの完璧な舞台としてユベントス・スタジアムが選ばれました。

      そこで、ビアンコネリのメイン・リーダーとして、長年の経験から利益を得てきたジョルジョ・キエッリーニは、フットボールの範囲での成功の重要な要素を多く議論した。

      イタリアの全域から集まったで様々な会社社長を前にキエッリーニは、例えば情熱、リーダーシップ、経験、集中。バランスと運命について話しました。

      情熱:

      「情熱は、全てに対し根拠を築きます。毎日が異なり、明確に全く一定ではありえません。
      私の方法では、情熱は注がれる火の様で、常に点火されています。フットボールにおいて、火が吹き消されるならば、終了を意味します。

      リーダーシップ:

      「私のキャリアの間、数人の監督の下で働き、それぞれに強い性格があります。
      何人かは柔軟で、何人かはタフです、何人かはしばしば冗談を言います、しかし、それ無しでは選手が能力の及ぶ限りでは動く事はできなく、リーダーシップの技術は、全く普遍的なものです。」

      経験:

      「若手が育つのをサポートする事が重要です。必要な場合に、批判し誉めるのを示す事が、この環境で選手を働かせる方法です。
      特にテクニックよりも振る舞いに関し経験はミスを減らす事を確実とするのを助けます。最も重要な事は、ミスを犯す事ではなく、繰り返しを避けるという事です。

      集中:

      「各々の人は、自身のユニークな方法で集中します。どんなチームにおいてでも、言葉を口にしない人や、キックオフの前に何曲かの音楽を聴かずにはいられない人、笑う人、フィールドに入るの直前まで冗談を言う人もいます。試合前にしばしば、私は試合で起こる特定の状況についてロッカールームで話します。

      どのように、あなたは、試合でのミスを忘れますか?
      経験がこれを助けますし、ただ正しく基本に集中する事によって調子を戻すこともできます。

      プレー中にファンの言葉が聞こえるか?私は、殆どの場合、完全に全ての雑音をシャットダウンします。ボールがプレーから外れる時、止まっている時だけ、再び周りの音を聞きます。」

      バランス:

      「ハッピーになる時と、やりすぎない事が私を非常に助けます。31歳で私は23歳の時の様な行動はもうしません。私は、今に興味があります。
      ここトリノは私生活のバランスを維持するのを助ける街で、ここに住んでいるのは幸運ですし、辛い期間を経験しているかどうかに関わらず、成功している時でも非常に重要です。」

      運命:

      「全員が、大きな程度で自分の運命をコントロールしています。私達一人一人が特定のレベルに達するかもしれないというのは本当で、最も重要な事は可能な限りの最高の物であるということです。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK