06.12.2016 19:55 - in: チャンピオンズ・リーグ S

      マルキジオ「首位が優先順位」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      クラウディオ・マルキジオは、ビアンコネリに水曜日のディナモ・ザグレブ戦でスタイリッシュにチャンピオンズ・リーグ、グループHを終える様に頼んだ

      ちょうど2週以上前にセビージャ戦でPKで重要な同点ゴールを挙げ、現在ディナモ・ザグレブ戦でホームでスタイリッシュにチャンピオンズ・リーグ、グループHを終え、首位で突破するようにマルキジオはビアンコネリに頼みました。

      水曜日の戦いは、ただ「非常に重要な月」におけつ1つのハードルを意味し、ユベントス・スタジアムでの火曜日の試合前の会見でメディアに買ったマルキジオがフォーカスした1つのキーワードでした。

      そして週末のアタランタ戦での納得の勝利を追い風に、セリエA首位のアドバンテージを維持し、カタールでスーパー・カップのトロフィーを持ち上げ新年へ勝利の勢いを維持することをマルキジオは、チームメイトに期待しますします。


      決定的な12月

      「12月は、疑う余地なく、私達にとって非常に重要な月ですし、週末にアタランタに勝利し最高の始まりを作りました。

      私達の鍵は、現在待ち受ける大事な試合で積極性をもたらすことです。もちろんセリエAで首位を維持しリードを広げることが重要ですし、最後にカタールでトロフィーを獲得します。それを心に、今からその瞬間まで集中を維持することは避けられません。」


      個人の調子

      「毎日のトレーニングでわずかに勢いを作り直すことができたのを私は喜びます。そして、ファースト・チームのセットアップに戻ったことに満足しています。当然体力を怪我の前のレベルに戻すことは時間と忍耐をとります。」

       
      首位への目線

      「私達の目的は、明日の勝利を確実にすることで、グループの他のチームがどう終えるかに関係なく、首位でベスト16へ進出することです。一旦そうすれば、次に誰との対戦かを考え始めることができます。

      名目上は、2年前の決勝進出への最も直接的な対戦日程はモナコ戦で、それでも正反対の戦いでした。

      一旦この戦いの後半の時期に達すれば、対決するチームが最高のクオリティであると予想しなければいけません。重要なことは、相手の調子よりも自身の状態と調子です。」


      変わらない勝利の意志

       「ジェノア戦のアプローチは完全に間違っていました。幸運にも私達は立ち直り週末のアタランタ戦へのトレーニングで即座に戻りました。

      「続けて5シーズン優勝をしている時に、チームが敗北後詳細な分析をしなくてはいけないということは普通です。しかし勝ちたいという気持ちは強いままです。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK