29.01.2016 04:26 - in: セリエA S

      キエーヴォ戦へ集中

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ビアンコネリはコッパ・イタリアでのインテル戦勝利から日曜日のキエーヴォ戦へ注意を変えます

      ユベントスの次のコッパ・イタリア、準決勝セカンド・レグ、インテル戦、3月上旬のバイエルンとのチャンピオンズ・リーグでの戦いまで26日があり、ビアンコネリは注意をここ数週間リーグ戦へ捧げます。

      最終的にマッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは集中をヨーロッパでの戦いに切り替える前に、キエーヴォ、ジェノア、フロジノーネ、そしては2月13日にユベントス・スタジアムでナポリと直接対決を行い、続いてボローニャでのアウェイ戦とリーグ戦5連戦を戦います。


      (日本時間20:30キックオフ)日曜日のヴェローナのベンテゴディ・スタジアムでの戦いへの準備を開始し、ビアンコネリは2つにグループを分けました。
      フィットネス、ボール・ポゼッションに集中する一連の技術的なエクササイズと、最後に幾つかの実戦形式に集中する間、インテルとのカップ戦に参加した選手はウォームダウン・セッションを受けました。

      クアドォー・アサモアとマリオ・マンジュキッチの2名は、勝利したインテル戦で筋肉系の不快感を報告し、今朝のトレーニングを欠場しました。

      アサモア(右大腿)とマンジュキッチ(左のふくらはぎ)は、問題を評価するために、明日診察を受けます。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK