25.05.2016 16:00 - in: チャリティー/CSR S

    CSRといECA持続可能性、Jスタジアムで議論

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ヨーロッパ・クラブ協会は、今日、ユベントス・スタジアム持続可能性と企業の社会的責任をトピックにワークショップを開催した

    ヨーロッパ・クラブ協会(ECA)は、今日、ユベントス・スタジアムで『ヨーロッパのクラブ・フットボールCSRの将来:新しい形へ?』というタイトルでワークショップを開催しました。

    一番最初のECAでのイベントで持続可能性と企業の社会的責任に関して述べる事に、大陸中から35のクラブが参加し、社会で鍵となる役割を演ずるために見ているフットボール・クラブにとって更なる重要な課題です。

    「我々全員が我々のコミュニティでの持続可能性と企業の社会的責任を持つ事が重要です。」開始でユベントスのアンドレア・アニェリ会長が話しました。

    「今日、我々には、お互いに経験を共有するという可能性があります。我々は、これらの主題を議論するクラブとして、役割の重要性を理解しなければなりません。」

    この日のイベントのホストとしてUNESCOとのコラボレーションである「キック・アウト・レイシズム」と「プレイ・ウィズ・ミー」というプロジェクトを例えに、ポートフォリオを伊飯、ユベントスは訴えを始めました。

    2015年現在、投資家とユベントスの会談は、明確に定義済みCSR戦略に従い「共有価値を作る私達の旅」という名で第2のレポートの公表につながりました。

    FIFA、UEFAとUNESCOならびにECAの加盟クラブによって現在実行されるCSRイニシアティブの全64個を例示する出版開始から関係している議論で、この日を終えました。

    マリと中央アフリカ共和国の少年兵の社会再び復帰させるUNESCOとユベントスのプロジェクトのセクションも含まれました。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK