27.01.2016 23:55 - in: コッパ・イタリア S

    クアドラード「ハードワークと幸せ」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    水曜日夜、重くユベントスのコッパ・イタリアでのインテル戦勝利に貢献したフアン・クアドラードは笑顔でプレーし、ハードワークし続けると誓います

    ビアンコネリにPKを与える走りと策略でインテルのディフェンダーが俊足なコロンビア人を2回倒し最終的にジェイソン・ムリージョの退場につながり、アルバロ・モラタのコッパ・イタリアでの最初のゴールをこのPKで挙げた。

    フアン・クアドラードは、12月のアウェイ、カルピ戦以来の先発出場となったが、彼の水曜日夜のパフォーマンスは、マッシミリアーノ・アッレグリ監督にもし必要ならば、試合をオンにするういンガーの能力を思い出させました。

    チームの3-0の勝利後にクアドラードは話し、勝利後でチームの努力を称賛しました、その一方で、現在どれくらい試合時間を与えられるかに関係無くハードワークし続けると誓いました。

    「まず、これは大きな結果です。私達全員は驚異的なシフトを入れました。常に勝利を得るメンタルで試合に参加する必要があります。
    落ち着いて1試合ずつ戦い、まだ何も得ていない事に注意しつづける必要があります。

    私に関係するのは、90分または、僅か10分の出場かどうかに関わらず、監督が私を必要とする時ピークでいるために、常にトレーニングで100%を尽くします。

    私は、どんな試合でも楽しみです。私はしばらくプレーしませんでしたが、ピッチでは幸せでフィールドでどんなチャンスも最大限に活用すると自分自身に言いました。」

    ロベルト・マンチーニ監督のチームに対する今夜の勝利は、ビアンコネリの国内で14連勝を意味したが、この調子の良いチームの厳しい進行の道を開いたのは、10月下旬のトリノ戦でのクアドラードのロスタイムの決勝点でした。

    10月31日の夜を思い出して、認めました。「私達はダービーに勝たなければならなかった、幸いにも私達がどうするべきかと知っていました。
    確かにシーズンの正念場でしたし、上手くいけば自分たちを押し上げ続けるとが出来ます。私は、このビッククラブと共に強く何かを獲得したいです。」

    現在のチームが自身がこれまでにプレーした最も強いチームであるかを尋ねられ、クアドラードは疑いなく答えました。

    「常にイタリアで最高のチームで、ヨーロッパと全世界のエリートの中にいます。私にとって、ここにいることは非常に満足しています。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK