13.09.2016 12:00 - in: チャンピオンズ・リーグ S

    クアドラード「ただいま」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    チェルシーから移籍期限最終日に復帰以来最初のインタビュー、フアン・クアドラードは新しいチャンピオンズ・リーグの夜明けに、Jtvに話しました。

    サッスオーロに3-1で勝利したビアンコネリ、タッチラインでのウォームアップを行ったフアン・クアドラードはファンから復帰の歓迎を土曜日に受けた。昨シーズンの際立った瞬間の一つを生みスタンドに近づき、クアドラードは情熱的なホームサポーターによってすぐに、セレナーデを捧げられました。

    クアドラードにとって、未出場の控え選手は最近、祖国コロンビアでの代表招集から戻り報告、瞬間は非常に重大でした。5月にスクデットのトロフィーを空に掲げて以来初めてユベントス・スタジアムに白と黒のユニフォームで戻りました。

    フアンとサポーターの再会は、すべての人たち特に前者に楽しまれました。今週Jtvに以下のようにユベントスでのプレーと最新のシーズンの夜明けに関して28才は話しました。

    幸せな復帰

    「サポーターが私の名前で応援するのを聞けたのは特別な瞬間でした。私は、彼らのサポートを喜びます。私はトリノに戻るために全てをし、再びここに来れて嬉しいです。

    前述の様に、私は仕事に戻りたいと思っていて、ハードワークし、試合を良くし、チームのために全力を与えます。」

    復帰の喜び

    「ユーヴェでのプレーは常に喜びですし、試合のピッチ上でもトレーニングでも非常にハードワークするチームメイトを見られるのは素晴らしいです。

    パウロとゴンサロと一緒の写真?私たちは南米人です。同じ考え方をし、私が家に帰ってきたという事実を喜ぶため、ヴィノーヴォでこの瞬間を共有したかったのです。私達は親友です!」

    チャンピオンズ・リーグの集中

    「私達はチャンピオンズ・リーグがどれくらい重要か理解していますし、初戦から勝ち続け、スタートする必要があります。勝ち点3でのスタートは最大の重要性です。
    その時から私達はどこへ自分達を導くかを見ます。私達は素晴らしいチームですし、争いのトップへ自分達を考えなければいけません。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK