04.03.2016 17:00 - in: セリエA S

      クアドラード「動く時間です」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      既にコッパ・イタリア決勝進出でシーズンの最初の目標を達成し、フアン・クアドラードはビアンコネリを2つめの目標へ動くように願います。5年連続スクデット・タイトルです

      特定の状況から成功へ、間違いから学ぶことができると言う人がいます。おそらくそれはコッパ・イタリア準決勝水曜日の最終的にPKで勝利したものの90分で3-0となったインテル戦を反省するベストの方法です。

      フアン・クアドラードの見解からサンシーロでのビアンコネリの週半ばでの対戦を今日の午後Skyスポーツ・イタリアとメディアに議論し、アタランタとの日曜日のセリエA対戦前にインテル戦敗北から学ばれるレッスンは、シーズン残りへチーム努力へ決心を更に増やすことが役に立ちます。

      「インテルは水曜日の夜に非常に上手くプレーし、ここまでのシーズンで私達のより弱いパフォーマンス1つを利用しました。」と、彼は切り出しました。「現在重要なことの全ては、私たちがコッパ・イタリア決勝を楽しみ、それをシーズン終わりへのモチベーションにするということです。

      この鍵は現在、正しい考えでそれぞれの試合に取り組み、毎週毎週集中することを当然のように確認することです。」

      最初のシーズンの目標は既に達成し、クアドラードは、次の目標である5年連続セリエAタイトルへ注意を向けるようにチームメイトへ頼み、ベルガモでの日曜日の対戦から始めます。

      彼は続けました。「私たちはトップを自分達自身のものにしたいですが、確実にすることは簡単ではありません。シーズンは決して終わっていませんから日曜日に、6月まで強さのレベルを高くしておくのを確認しなければなりません。そして、これを追求するのは非常に良いチームの一握りです。

      私たちの目的の1つは、決勝戦に進出することでした。そして集中の方向を向け確認するのは、セリエAで1位に残ることです。」

      今週の日曜日のアタランタと続く金曜日のサッスオーロとの戦いで連勝することは、スクデットへの完璧に近づき、アリアンツ・アレーナでバイエルン・ミュンヘンとのチャンピオンズ・リーグの繊細なリターン・レグへユーヴェへの完璧な準備とします。

      フアンにとって時間がバイエルン戦に集中し始める時、ユベントス・スタジアムでのバイエルンとの先月の刺激的な後半の逆襲からビアンコネリは十二分に挑戦の準備ができています。

      彼は結論しました。「アタランタとサッスオーロとの2試合のリーグ戦の挑戦後バイエルン戦を考える時間があります。
      その時間が来る時、私達は準々決勝進出へのクオリティがあるという考えでミュンヘンに向かいます。

      前半の私達の戦いは重要でしたし、次に始めからそのプレーと攻撃的な戦い再現する必要があります。ユベントス・スタジアムでの終盤の戦いは私達もビッグクラブでありどの選手も戦えることを証明しました。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK