04.01.2016 17:00 - in: セリエA S

    クアドラード「ヴェローナ戦、勝利必須」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    フアン・クアドラードは、水曜日エラス・クアドラード戦で最大の勝ち点を奪い、ポジティブな調子で今年を始めようとビアンコネリに主張します

    ビアンコネリがお祝いの期間後の週のトレーニングを全て終えた後、フアン・クアドラードは2016最初の対戦、水曜日のユベントス・スタジアムでのエラス・ヴェローナ戦へ向かっています。

    今シーズンのここまで一試合も勝つことができていないセリエA最下位ヴェローナだが、12月20日のカルピと3-2での勝利からの17日のオフ後、チームの最初の戦いとなると、決して簡単な試合ではないとクドラードは強調しました。

    Skyとメディアにコロンビア人ウィンガーは話しました。「クリスマス休暇の後の最初の試合ですので、最も難しい試合です。しかし、とても重要な勝ち点3を奪う事で、ポジティブな調子で今年を始める必要がある事に、私達は気が付いています。

    「次の5ヶ月の予定はどんどんやって来ます。私達は、とても厳しく週のトレーニングを行い、本当に私達に貢献しました。そして練習でつぎ込む時間は徐々に少なくなっています。
    リーグ、コッパ・イタリア、またチャンピオンズ・リーグでどうかに関わらず常に試合に勝とうとしています。タイトルへ常に挑戦的である事がユベントスの方法ですが、今シーズンは他のチームからの競争に気がついています。」

    ビアンコネリが現在順位を見て、首位インテルと勝ち点3点差で下回っており、様々な点で10月31日のトリノ戦でのアディショナル・タイムでの劇的なゴールをクアドラードは感謝し、そこからチームはセリエAで7連続を続けました。

    「それは私にとって非常に重要な瞬間でした、なぜなら私は、これ以前不毛なパフォーマンスを行なっていました。勝つ必要があり、最後までそう思っていたということを私達が知っていたように、本当の信頼をチームにもたらす転機でもありました。

    進む試合から優れた結果をまとめました、現在、私達は同じ流れを続けるのを期待していますし、決勝戦の様に1試合づつ戦いました。」

    6週間後に、クアドラードは重要な状況として、彼の旧クラブ(フィオレンティーナ)に対して、ゴールを見つけました。
    ヨシップ・イリチッチの早々のPKで1-0のビハインドを追いかけ、後半のマリオ・マンジュキッチのゴール前に同点にするためにヴィオラのキーパーチプリアン・タタルシャヌ越えるルーピング・ヘッドを放ちました。最終的にパウロ・ディバラがビアンコネリの主要なスクデット・ライバルの1チームを沈めた。

    この試合での自信の攻撃の価値を認め、27歳は話します。「私はボールがネットを揺らす事ができ少し運がよかったですし、直に同点にしたことが非常に重要でした。その点から、決して振り返らず、完全に勝ち点3に値しました。」

    セレブレーションに関し、彼とポール・ポグバはこの期間に挙げたあらゆるゴールを歓迎するダンスをする多くのの機会があったと、説明しました。

    「ピッチかトレーニング中かに関わらず、私達はホテルとかチーム遠征の間、色んなところでダンスをリハーサルしていました。」

    ユベントスのチャンピオンズ・リーグ、バイエルン・ミュンヘンとのベスト16の対決を見て2月23日と3月16日に予定される2レグで能力の及ぶ限りでプレーするなら非常に難しい対戦であるが次のラウンドへ進む可能性があるだろうというサミ・ケディラの言葉をクアドラードは繰り返しました。

    「バイエルンとのプレーは確かに挑戦です、しかし、どんなチームでも負かすことができます。まるで試合がワールド・カップ決勝かのように、大きな考えとプランで試合に臨まなければ行けません。私達には全てを備える多くの時間がありますし、時間が対戦へもたらす時に、完全に試合に挑めることを望みます。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK