08.06.2016 11:15 - in: ほかの大会 S

      クアドラードとコロンビア、コパ・アメリカ準々決勝へ!

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ユーヴェのフアン・クアドラードは90分フル出場、カルロス・バッカとハメス・ロドリゲスのゴールは、コロンビアをコパ・アメリカ準々決勝進出を確実にした。

      フアン・クアドラードのコロンビアは、パサデナのローズ・ボウルで水曜日の午前早い時間にパラグアイとハードな戦いを行い2-1の勝利でコパ・アメリカ準々決勝進出を果たした。

      唯一のユベントス選手としてこのトーナメントに出場し、クアドラードは、ホセ・ペケルマン監督のチームとして、90分先発でフル出場し10人の相手に献身的にハードに戦いグループ・ステージ突破最初のチームに貢献した。

      Congrats to @cuadrado and Colombia on reaching the #Copa100 quarter-finals! #GreatJob #FinoAllaFine #ForzaJuve #InstaJuve

      Juventus Football Clubさん(@juventus)が投稿した写真 -

      鍵となったのは、キャプテンと不思議な力を持つハメス・ロドリゲス両者のゴールで、2014年ワールド・カップ準々決勝進出チームは、30分で2-0と先行し印象的な立ち上がりを戦った。

      驚くべきことに、アメリカ戦で負った肩の問題を解決したロドリゲスは、11分にカルロス・バッカの先制点へクロスでアシスト、この20分後にプレッシャーの中エドウィン・カルドナの賢いショートパスから至近距離から自分自身て得点を奪った。

      そこからハーフタイム以降、パラグアイが仕掛け始めコロンビアはリードを守るために、ゴールキーパーのダビド・オスピナのプレーに感謝した。

      パラグアイは、パウロ・ダ・シルバのヘディングはオフサイドでゴールを認められず、ダリオ・レスカノが素晴らしいフリーキックを放つも印象的なセーブを残してきたアーセナルのゴールキーパー上のバーに弾かれパラグアイは不運となった。

      更に30分が経過したところ、コーナーからヘディングでゴールへのシュートは防ぐも、オスピナは、71分のヴィクター・アヤラの強烈なシュートにたいして何もする事が出来ず、このゴールは後半のパラグアイの優勢を確実にするゴールとなった。

      この戦い、失点の10分後、オスカル・ロメロが2枚のイエローカードで退場しコロンビアが再び優勢になります。
      パラグアイは同点を目指し続けたが、2続勝と非常に大切な場所である決勝トーナメント進出へクアドラードとコロンビアは堅く戦いました。

      同グループの他の試合では、ユルゲン・クリンスマンのアメリカが4-0でコスタリカに勝利しました。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK