25.11.2016 16:30 - in: セリエA S

    クアドラード「ジェノア戦で必要な献身的なパフォーマンス」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    フアン・クアドラードは、セビージャ戦後とジェノア戦をプレビューします。「火曜日の結果がどんなに嬉しくても正しい流れで日曜日の戦いに集中しなくれはいけません」

    火曜日のチャンピオンズ・リーグ、セビージャ戦3-1の勝利でベスト16の位置をユベントスが獲得したが、現在国内での戦いへ向けヴィノーヴォで動き結果を楽しむ時間と余裕はありません。

    2シーズン連続でヨーロッパのトップ争いで決勝トーナメントに進出する事がビアンコネリの主な目的の1つでした。そして今週末のジェノア戦から次の目的へ鋭い集中に入ります。シーズンの先へセリエA首位を維持し、12月のドーハでトロフィーを掲げようとしています。

    今日の午後SkyとMediasetカメラに話したクアドラード、UCLでの勝利を誇りにし、日曜日に同じレベルのパフォーマンスをルイージ・フェラリスでのジェノア戦でも保つことを確認するように、ウイングの魔術師はチームメイトに頼んだ。

    ユーヴェのメンバーとともに勝利への調子と進行、彼自身個人の事を話したフアンのインタビューの引用です。


    日曜日の勝利の秘訣

    「日曜日は、穏やかに、冷静さを保たなければいけません。まだ何も手にしていません、コントロールされた攻撃性と決心で試合にアプローチしなくてはいけません

    火曜日にセビージャに対し素晴らしい結果を出しましし、決勝トーナメント進出というシーズン最初の大きな目標を果たしました。

    するべき戦いがあります。それぞれの試合に勝つ事だけに集中し、シーズンの終わりにどこにいるか見て、一度に一歩づつ戦います。」


    チームのゴール

    「立っ性するために常に、私たちは毎日目標へ熱心にトレーニングを取り組み良くなっています。全てのセッションでハードに走る事がトップチームの手段です。

    このクラブは家族の様ですし、必要な時に全員が戦える準備があります。チームのメンバー全員に勝ちたいという気持ちがあるので、チャンスが来る時常に全力で戦うために存在しています。」


    ユベントス?私の第二の家

    「私は、プレーの方法と現在の出場時間に満足しています。イタリアに戻りこのビッグチームに再加入する事は私にとって大きなプラスでした。ここは私の第二の家です。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK