21.01.2016 00:12 - in: コッパ・イタリア S

      リヒトシュタイナー、カップ戦の満足

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      コッパ・イタリアで元所属チームから得点を奪いユベントスの準決勝進出を確保したシュテファン・リヒトシュタイナーはスタディオ・オリンピコでこの夜を振り返った

      私は今夜のゴールに喜びました。この試合は正念場で私達は勝利する事が出来た。この素晴らしい走りを続けたいです。

      シュテファン・リヒトシュタイナーは多くのゴールを上げませんが、彼が得点する事は常に非常に重要です。

      10月にメンヒェングラットバッハ戦での見事なホームでのボレーでチャンピオンズ・リーグ、グループDで重要な勝ち点を得た後、リヒトシュタイナーは水曜日夜にさらに良い、前所属チームのエトリト・ベリシャからビアンコネリがコッパ・イタリア準決勝進出を決める得点を奪った。

      彼の後半のゴールに「喜ぶ」間、リヒトシュタイナーは一般的に実用的なこの夜の正しい最終的な結果をだしたタイトな戦いを反省から試合後の分析をした。

      決勝点を奪ったリヒトシュタイナーは話しました。「私達は前半にラツィオに1度決定期を与えましたが、それはそれだけでした、ですが我々は前もって試合をシャットダウンしなければなりませんでした。
      私達は上手くやりましたが、アドバンテージを利用し向上する必要があることを再び示しました。」

      シュテファンは言いました、始めから相手を攻撃する際にチームメイトの増大する確実性を指摘し、自分自身に対する信頼がシーズンの始めには不足していました。

      「私達の信念は戻ります」と、シュテファンは付け加えました。「シーズン初め、かなり良くプレーしたが、不相応に2、3試合で負けました。ロッカールームで年上の選手たちは、選手を再び集中させ2、3ヵ月前に失った信頼を作り直しました。」

      生まれながらの信念と執拗な止められない自身に戻る兆しを見せ、対千チームに関係なくビアンコネリが全3大会でトロフィーを獲得するのに必要な集点と決意があるとリヒトシュタイナーは思っています。

      「私達はリーグ戦で自分自身の世話をしなければなりません。対戦チーム上手くやっています、ローマもまだタイトルの挑戦の外にはいませんが、私達は試合を1試合ずつ奪いたい。

      日曜日に関しては、ローマの監督交代という事実は重要でありません。彼らは強いチームですし、私達はシーズンのビッグマッチの1試合と覚悟が出来ています。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK