28.01.2016 10:30 - in: コッパ・イタリア S

    カップ戦準決勝スタッツ

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ビアンコネリがコッパ・イタリア準決勝インテル戦の中間点で強いリードを確立し、Juventus.comはユベントス・スタジアムで最新の決定的なパフォーマンスからデータを分析します

    ユーヴェの水曜夜の3-0の勝利は、43%というそんなの多くないポゼッションでの勝利となったが、ボールポゼッション時の能力はチャンスを作り、全体でinnteru no
    6本に対し、14本のシュートを放ち、8本に対し11本のクロスを挙げ、相手ボックス内での9回のタッチに対し18回のタッチ数を記録した。

    おそらく、全体で最も重要な事実はファイナルサードでの分析的であることです。枠内へ4本のうち3本のシュートを得点した。その一方でインテルは2本のシュートに抑えられゴールには至らない試みとなった。

    アルバロ・モラタにとって思い出の夜になった。モラタはビアンコネリで最初の2014年11月の7-0で勝利したパルマ戦以来の2得点を記録紙20試合無得点を終えました。

    モラタは90分通し絶え間なく脅威となった。そして、6本のシュートを放ち3本のシュート枠内へ放ち、2本のクロスを上げた。

    12月の勝利したカルピ戦依頼の先発となったフアン・クアドラードは右サイドで本当の脅威となった。インテルの選手から7度ファウルを受け、今シーズンのコッパ・イタリアでローマに対し8本ファウルのスペツィアのアンドレア・カテラーニの記録の次点です。

    コロンビアのウイングの魔法使いはユーヴェのPKのために倒され、モラタによって得点となった。そして後半ジェイソン・ムリージョが再びファウルを犯し退場した。

    鍵となる貢献として、クアドラードは2本のシュートをブロックし、3度のドリブルを完了、1対1の挑戦で17回勝利し、82.4%の成功率を記録した。

    今のユベントス・スタジアムとイタリアの他のグラウンドでの問題の儀式になっている様に、すなわちゴールをパウロ・ディバラが昨日の試合でマークした。

    ディバラにとって、全ての多々かいで15回目のゴールとなり、ユベントスの試合で2試合に1点のゴール記録を維持し、トリノでの彼のデビュー・シーズンは優れたものになっています。

    ピッチの反対側でも満たされるいくつかの理由がありました。今年のコッパ・イタリアで残っている4チームで唯一1失点もせず無失点を維持しているのはユーヴェです。
    インテルは、ユーヴェ戦までユーヴェと同じディフェンスの記録を楽しんでいたが、この対戦で変わりました。

    枠内へのフェリペ・メロの10分のシュートが今シーズンのコッパ・イタリアでの最初の失点に近づくも、ユベントスのディフェンスの固さは更に証明された。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK