26.01.2016 16:30 - in: コッパ・イタリア S

    イタリアダービー

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Juventus.comは、水曜日のコッパ・イタリア準決勝の対決をプレビューするため、歴史書からイタリアダービーのスタッツを見ます
    ユベントスの有利さ

    水曜日夜のユベントス対インテルの対戦は通算226試合目であるという事実を考慮し、常にイタリアのカレンダーで最も熱心に迎えられる日の1つである事を理解することは簡単です。

    驚く事も無く、イタリアダービーはカップ戦の歴史(29)で最も一般的な1試合です。そして、ビアンコネリはユベントス・スタジアムでのファースト・レグの前に13試合カップ戦で勝利しアドバンテージをとり、アウェイでは9勝しています。

    実際、1937/38シーズンと1982/83シーズンで、2回トロフィーを獲得したが準決勝で3試合インテルと戦いユベントスは勝利しました。

    2003/04シーズン決勝で最終的な勝者ラツィオに負ける前に2-2引き分け後PKで勝利し、1992年2月の優勝杯争奪戦でインテルを破るために繰り返された妙技は、今晩マッシミリアーノ・アッレグリ監督が続けます。

    しかし大部分の側とは異なり、ミラノのチームは、現チャンピオンのホームで最近印象的な記録を誇っており、トリノでのコッパ・イタリア。ベスト4での3勝目を目指しています。

    その記録は、トーナメントでの一般的なアウェイ戦の形と独特で正反対です。ナポリ戦の先週の勝利は、2012/13シーズンから彼らにとって初めての物でした。

    前進、後退

    今シーズン、スクデットを争う事だけに満足せず、両チームはそれぞれベスト16と準々決勝で非常に魅力的e
    で、それぞれ10ゴールを挙げた。

    しかし、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは守備のスタッツで対戦相手より、より1歩先へ行きます。そして、過去2試合から5シーズン4回目の準決勝進出まで枠内へのシュートもゴールキーパー・ネトを煩わせませんでした。

    サン・シーロでの10月の緊迫したスコアレスドローにも関わらず、ブックではこの対戦でゴールがある事を示唆します。ユーヴェを含む両チームは、13試合のベスト4の対戦中12試合でゴールが挙げられ、インテルは7連続ゴールを準決勝で挙げます。

    その上、前6試合コッパ・イタリアでのビアンコネリ対インテルでは、驚異的な22ゴールが生まれ、4試合アウェイで6ゴールです。

    事を起こせる選手

    ゴールといえば、水曜日夜の試合は、ビアンコネリとインテルにそれぞれ個の選手が熱くなりチャンスが多く訪れる傾向を広げます。日曜日のローマ戦での終盤の決勝点は、今シーズン全ての戦いで13点目となったパウロ・ディバラはよりそうなります。

    今シーズン、セリエA、チャンピオンズ・リーグ、イタリア・スーパーカップとコッパ・イタリアで得点を挙げた唯一のユベントスの選手になるために元バイエルン・ミュンヘンのフォワード、マリオ・マンジュキッチは明日ゴールを要求し潜在的スタッツをディバラは待たなければいけません。

    インテルに関しては、同じく南米のマウロ・イカルディがユベントスとの多くの対戦で7ゴールを挙げています。
    イカルディはボールをイタリアのセリエAのどのチームの選手よりもユベントスから得点を奪っています。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK