19.03.2016 20:30 - in: セリエA S

      ダービー決勝者

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ジャンピエロ・ボニペルティからポール・ポグバまで、Juventus.comは永遠の記憶を作った5試合のトリノ・ダービーのビアンコネリを語ります

      ユベントスとトリノ、ライバル2チームはどの時代を通じて、対戦してきたが確信への1つがあります。 – 141試合の公式対戦 – ここから必然的に、勝者と敗者を分けます

      1929年11月24日のスコアレス・ドローで終わった都市の古いスタディオ・フィラデルフィアでの最初のトリノダービー以来、65勝を記録し212ゴールを記録している誇りは安定してトリノを脅迫します。

      1940年代と1970年代、ユベントス・サポーターはワインレッドの隣人に対し一貫して勝ち点3を奪い喜びを楽しみました。そして、各々の立ち上がりの記憶は多くのゴールだけでなく、褒め称えられるダービーのスターも共に存在しました。

      フットボールはもちろんチーム・ゲームであるが、各々のローカルでの争いは試合の物語は個人のパフォーマンスから成功します。

      そして、ユーヴェとトリノのスタディオ・オリンピコでの日曜日午後の再決戦へ準備し、ジャンピエロ・ボニペルティからポール・ポグバまで、デルビー・デッラ・モーレで自身の消える事の無い印象を与えた5人のユベントス・スターはこちらです。

      ジャンピエロ・ボニペルティ

      年代順に、そして彼の重要性に関しジャンピエロ・ボニペルティがダービーのヒーロとして先導するのは疑いありません。

      1946年から1961年の15年間のビアンコネロ、幾つかのトリノとの戦いで上昇し、ピーク時と同じ時期にボニペルティは合計13リーグ得点をトリノに対し挙げ、他の選手の追随を許さ無い選手でした。

      驚くべきことに、素早くゴールを奪うフォワードは、1949年11月のトリノ戦アウェイ3-1勝利でのゴールまで3年待たなければなりませんでしたが、その時以来ジアンピエロは全く止める事が出来ませんでした。

      「私は1949年にチャンスをもらいましたが、ユベントスでのトリノ戦で点を奪う事が出来ませんでした。ダービーでのゴールは、他のどの試合のゴールの10倍は価値があります。」

      ジャンピエロ・ボニペルティ

      彼のゴールはダービーで常にユベントスに勝利をもたらし、しばしば2ゴールを挙げます。ストライカーは5試合の異なる試合で2ゴール以上あげ、1950年、1951年、1952年、1953年、1954年に4-3、5-1、6-0、4-2、3-0の勝利を記録しています。

      しかしそれは、この日に対戦の象徴として彼を特別にし続けるであろうダービーでのボニペルティを感じる感情です。
      もちろん彼の言葉で「勝つことは重要でありません、しかし数えられる唯一のものです」とスタディオ・オリンピコでの昨シーズンの対戦前にレジェンドは話しました。

      「今回の様な他の全て、私はテレビの前に座り全てのダービーマッチで苦しむプレーを苦しむ運命を呪います。」

      必要とされ長く生きる得点を挙げる一貫性で、ボニペルティのこれまでの記録が破られる事はなさそうです。

      ミシェル・プラティニ

      「ミシェル・プラティニは既にミスター・ヨーロッパで、今、ミスター・ダービーです!」

      トリノ戦でリーグ戦7ゴールを挙げたミッシェル・プラティニは、おそらくより良く特に非常に特別なダービーでの戦いが記録されており、上記の引用はこれを指しています。

      リーグ首位として、そして、まだスクデットの望みを隠しているチームとの対戦、ジョバンニ・トラパットーニ監督のユベントスは1984年2月26日にスタディオ・コムナーレで抱負あるトリノに対しどんな間違いを冒す余裕はありませんでした。

      そして、確実に均衡し熱く争われた最初の45分後にリードしたのアウェイ・チームでした。ちょうどステーファノ・タッコーニからフランコ・サルバッジがペナルティーエリアでの守備のミスから得点を奪った。

      しかし残りの30分間はプラティニのためにありました。

      プラティニの優れたジャンプがグラウンドでディフェンダーのルイジ・ダノヴァとジュリアーノ・テラネオを残し、同点となる素晴らしいヘディングを収め、ユベントスの逆転を完了するシュートは全く別のもでホーム観客を熱狂させる、残り14分のボックス左端から一番上角へ素晴らしいフリーキックでネットを揺らしました。

      via GIPHY

      試合終了の笛直後にコメントし、チームをスクデットに導くかもしれないゴールであるとトラパットーニ監督は述べ、ユーヴェはおよそ数ヵ月後にチャンピオンになったので、全く正しいという事が証明された。

      プラティニのダービーはこの日の2点を含め、トリノ戦で最も価値ある3および4回目のゴールでした。刺激的な選手によって決まる最もエキサイティングなダービーの1試合でした。

      ジャンルカ・ビアリ

      合計7得点のプラティニに続き、トリノとの1995年12月の戦いの前半のヒーローはジャンルカ・ビアリです。ダービーでハットトリックを奪うという事。

      以前はトリノの2人、1959年のジュゼッペ・ヴィルジーリと1967年のネストル・コンビンよって行われた偉業ですが、この時にビアリのマジカルなスタディオ・デッレ・アルピでの40分、ダービーの歴史で自身の場所を確保した。

      前年の3-2敗北の2得点から、ユーヴェのフォワードの2度目のゴールを無駄にする事はありませんでした。スリリングな前半の3得点での5-0の勝利へチームを導き、トリノの2連勝を阻んだ。

      ちょうど3分にアンジェロ・ディ・リービオのクロスから1得点目を奪い、キャプテンは前半中頃に2得点目を記録した。そして、ディフェンスの混乱を利用し、ビアンコネリを乗らせる為にポストの中に火をつけます。

      ビアリは最後まで最高を記録します。ファヴァリッツィオ・ラヴァネリの完璧な低いクロスを受けドアルドからゴールを奪い、ユベントス史を作るトリノ戦勝利となった。

      via GIPHY

      シモーネ・ザザは12月のコッパ・イタリア4-0勝利で近づいたものの、ビアンの記録はまだ強いです。

      ダビド・トレゼゲ

      同じ国出身のプラティニとかつてのフォワードのビアリの様な、ダビド・トレゼゲのダービーでの遺産は、ボニペルティのゴールとはマッチしません。しかし2007年9月のオリンピコで最後の決勝点は永遠に記憶されます。

      今シーズンのハロウィン夜でのフアン・クアドラードのシュートと同じ瞬間のタイミングとなり、トレゼゲの本能的なターンとボレーは、残り15秒で素晴らしくて対戦の歴史で劇的な試合の1つとして記憶に残らなければなりません。

      それは、疑う余地なく多くの価値があるものでダビドの2回目のトリノ戦での最終的な努力とわかります。

      ポール・ポグバ

      フランス人からフランス人へ、ポール・ポグバは既にダービーで3ゴールを刻み、クラウディオ・マルキジオとタイのトリノ戦でのクラブの積極的な得点をリードする一人として多くのスタッツを加えています。

      2013年9月のスタディオ・オリンピコでのポールの決勝点は、カルロス・テベスのクロスバーを打つシュートのこぼれ玉からの得点となり、少しの運よりも多くを持ち、同じ事は以前のこのシーズンでのユベントス・スタジアムでの2つの決定的な努力についていうことができます。

      シーズンのゴール競争相手と異なる理由の2ゴール。最初は、ダニエレ・パデッリのトリノ・ゴールから仰天のハーフボーレーでその重要性についての比較を縁取り、2番目に完璧なフリーキックは、数ヶ月後に4-0のコッパ・イタリアの勝利を締めくくった。

      今シーズンのダービー3ゴール目と2度目のトリノ戦でのゴールは、日曜午後にトリノホームでさらに大きな重要性のあるものになるでしょう。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK