14.03.2016 17:00 - in: チャンピオンズ・リーグ S

      ディバラ「ミュンヘンでの戦いへ計算された攻撃性」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      パウロ・ディバラは、バイエルン・ミュンヘンとの水曜日のチャンピオンズ・リーグ対戦への成功の秘訣を繰り返します

      明確な考えと信頼は人生とフットボールの成功の鍵になりえます。パウロ・ディバラの先週金曜日の驚きのサッスオーロ戦でのゴールは、どのくらい準備されコントロールし相手を分析し価値のある勝ち点3を奪うことの要求を満たす完璧な例を意味します。

      「私がトレーニングで試していた事で、試合で繰り返そうとしています。」と、22歳の才能は月曜日にSkyスポーツとメディアのカメラに話しました。
      「あのシュートは好きなシュートです。なぜなら、私が右から走り左足でキーパーが触るのが難しいファーポストへシュートを放ち狙います。」

      思いを明確に連続してプレッシャーをかけ続け忠実に続行することは、確実にバイエルン・ミュンヘンとのアウェイでの水曜日のチャンピオンズ・リーグ対戦でディバラが偶然でも起こるどんなミスでも利用することの計算と積極的な戦いへチームが進めていることです。

      「私達は、落ちつきファースト・レグでの最後の30分でのプレーを通じタフに戦えるということを知り、来るチャンスをフルに活用することを保つ必要があります。

      相手にあまり多くのスペースを与えないように私達は戦います。バイエルンはこれを押し戻す能力があります。
      彼らのブンデスリーガでの試合を見ると、ファイナルサードで10人の選手が押し込んでいるのを見ることができます。

      「裏面では彼らは基本的に前で4人でプレーし、若干の後ろに隙を残します。彼らは遅かれ早かれ得点するペースを落ちつかせます、私達はそのスペースを攻撃しできるだけ多くの反撃のダメージを与える必要があります。この様な試合で気概を試すのに正常な信念と自己信念があります。」

      ビアンコネリのヨーロッパでの功績が国内での戦いに否定的な衝撃を与える恐れがあったかどうか尋ねられ、クラブが複数の争いで熱く戦えることができる証明としてディバラは昨年の結果を示しました。

      「ユベントスは昨年チャンピオンズ・リーグを優勝しかけました。一方リーグとカップ2冠を祝いました。もちろん、全てに勝ちたいですが、少なくとも上海でのスーパーカップを含み、4つのトロフィー中3つを求める事が満足な復帰です。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK