11.04.2016 14:00 - in: セリエA S

      ディバラ「私は、勝つためにここに来た」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      パウロ・ディバラは、土曜日のサンシーロでの2-1の勝利と日曜日のJ-スタジアムでのパレルモ戦の間で勝利のへの視線を保っています

      日曜日夜、サンシーロで歴史的な5年連続スクデットタイトル獲得へ重要なハードルを超える間、選手とフィールドの外、自宅で観戦していたパウロ・ディバラまで、試合終了の笛で1つの一般的な考えがビアンコネリの心の中にありました。
      まだ仕事は終わっていません。

      そして、ミラン戦を欠場したディバラは、現在ロッソネリから日曜日のパレルモ戦へ注意の切り替わったユベントスからの信念を話しました。

      22リーグ戦21勝という一連の不可欠な勝利の最新の試合を振り返りディバラは話しました。「私達が勝ち点2点をサンシーロで落とすという危険が常にありましたが、選手達は勝利へ素晴らしかった。

      週末のパレルモ戦へも集中する必要が当然あります。彼らは日曜日(ラツィオ戦3-0でホーム敗北)の後に立ち直る期待をしていますし、今からシーズン終わり同様、厳しい90分を予想しています。

      鍵は、特にまだ終わりのラインに近ずいている時でなくても落ち着きを保ち、素晴らしいフォームを続け、安心感の犠牲にならない事です。

      選手にとって、全員が自分達のシーズン初期のマイナスを取り戻すことが出来ると思っていました。本当の強さと現在私達のチームの強さ全てを理解するために、若い選手へロッカールームのベテランが判断を与えてくれました。
      それだけでなく、選手との関係で意味があり、クラブ全員が1つの目標と目的だけにおり、ベストになるということです。」

      そのような背景が素晴らしい走りにあり、作ろうとする歴史は先に待っています。クラブのトップ・スコアラーはヴィノーヴォから発せられる優れた雰囲気は全く思いがけないことではありません。

      「大きな精神が、現在ロッカールームにあります。当然、ナポリを超え最後の数ヵ月の重要な戦いを確立した方法を私達は喜んでいますが、仕事はまだ終わっていない事も理解しています。

      自分にとって、良い感じです。良くトレーニングを受け、直ぐに戦いに復帰したいと思っています。3年間プレーしたパレルモとの対戦は不思議な気持ちです。旧所属チームですが、私はユベントスをタイトルにより近づく1歩になるためにだけ考えています。」

      キャビネットへ問題無くトロフィーを収めるために、ディバラのもう一つの欲求を煽ることは1つの勝利のケースです。
      8月のラツィオとのスーパー・カップ勝利の得点者、ディバラは上海でのうだるような暑い夜からトロフィーを更に手にしようと考え熱い渇望があります。

      「私は勝つためにユーヴェに来ました、そしてその欲求は私の加入以来急速に力をつけました。
      例えばスーパーカップで得点し、私の完全なデビューに関してトロフィーを持ち上げたのは、ここまでのシーズンで多分ハイライトです。この様な夜が、より多くを望ませます。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK