21.12.2016 20:00 - in: スーペル・コッパ S

    ディバラとピアニッチ、カップ戦勝利に飢えています

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ドーハでスーパーカップのトロフィーを持ち上げる事で、10月のミラン戦敗北の誤りにリベンジする事を、パウロ・ディバラとミラレム・ピアニッチは、ビアンコネリのチームメイトに頼みます

    スーパーカップ決勝の小さな問題と今シーズン最初のトロフィーが心の最前線にあり、金曜日夜ドーハで明に勝つ為の心がパウロ・ディバラとミラレム・ピアニッチにあります。

    アスパイア・アカデミーで今日の午後のトレーニング前に、両選手が対戦について話した。早々の怪我で交代したディバラ、10月のロッソネリとの戦いで得点が認められ無かったピアニッチはゴールについて話、スーパーカップでの戦いでは異なる事に確実になりそうです。

    2016年ユーヴェの最後の試合前にパウロとミラレムの試合前のメディアへの言葉です。

    パウロ・ディバラ

    「結果を簡単に変えることが出来たピアニッチの認められなかったゴール、シーズン序盤のミランとの試合は、多分記憶に残っているでしょう。今週金曜日の再戦は異なる戦いです。私達は調子良く、現在いくらか良い戦いをしています。ここまで良い感じですが、油断しては行けません。大きな試合を戦い、再びスーパーカップ勝利のチャンスが欲しいです。

    先月初めのジェノア戦での最初の30分のパフォーマンスを決して繰り返してはいけませんし、結果がそれ以前の自らを物語ったという事を私達は理解しています。上手くいかない時、私達はお互いに率直でファミリーとしてフィールドへ向かいます。」

    ミラレム・ピアニッチ

    「重要な全てが金曜日よるにあります。この前のサンシーロでは強く非常に整ったミランと厳しい90分を戦いました。直ぐにその敗北を無視し、ホームでチャンピオンズ・リーグで戦う事で正しい方向へ向かいました。ロッソネリは最近良く戦っていますし、私達は彼らが金曜日に厳しい戦いを仕掛けてくる事を理解しています。どんなに彼らがプレーしてもトロフィーを獲得する事だけです。

    どんなチームでも負ける事がありますが、ジェノア戦でした形で負けては行けませんし、試合終了時に自分自身そう伝えます。チームと私達が今シーズン何を成し遂げなければならないかを理解する為に、団結します。スーパーカップ決勝から始まります。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK