24.01.2016 23:00 - in: マッチレポート S

      ディバラ、11連勝を決定する

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ポール・ディバラの77分の決勝点でローマ戦で勝ち点3点を奪いビアンコネリのリーグ戦11連勝を決めた

      日曜日夜のユベントス・スタジアムでローマはビアンコネリのセリエA11連勝へ抵抗したが、最終的にパウロ・ディバラが再びこのショーのスターとなった。

      ルチアーノ・スパレッティ監督のチームと緊張した戦いを決める輝きの時間へ、今シーズン合計14試合での彼自身の個人の記録のために、ディバラは試合終盤で結果を残し、5連続スクデットへチームに勝ち点3を確保した。

      前半無得点にもかかわらずビアンコネリは自由で流動的なプレーを特徴したリーグ戦10連勝を果たした自信のあるパフォーマンスを多く示した。
      ディバラは、いつも通り自身でゴールを襲い、2度のセーブをヴォイチェフ・シュチェスニーへ強いた、しかし最終的に、ユベントスはハーフタイム前に明確なチャンスでも得点を奪う事ができませんでした。

      後半は静けさがあり、ユベントスは69分にパトリス・エヴラのシュートはリードを奪いそうになるも、シュチェスニーはこのシュートをブロックした。

      しかし8分後に、ポール・ポグバのクレバーなボールを受けたディバラが、誠実なユベントス・スタジアムで冷静にシュチェスニーからゴールを奪い、2点以内にで首位を争う首位ナポリへプレッシャーを与えました。

      重要な試合でこの様なケースは良くある様に、昨年のローマ戦勝利の得点者レオナルド・ボヌッチが30ヤードからビアンコネリの最初のシュートを開始5分に放ち、このシュートはシュチェスニーの正面となるも両チームにとってピリピリとした慎重な立ち上がりになった。

      そして、ユベントスは顕著にギアを上げ争い、特にディバラがローマのディフェンスへ問題を多くを引き起こした。ディバラは、ペナルティーエリアの端の危険な位置からのフリーキックで矢継ぎ早に2回目のセーブをシュチェスニーに強いた。

      彼の次のプレーで、シュチェスニーを越えるドロップシュートを放ちクロスバーに当てるも線審はオフサイドの判定。

      23分には、エヴラもファイナルサードでのプレーに関わり、ゴールへ2本のシュートを放った。最初のシュートはブロックされ、2本目はポグバに追いつきそうでしたが、オフサイド・ポジションであった。

      このプレー後、ポグバはシュテファン・リヒトシュタイナーのボックスへのクロスからシュートを放つも、ゴールにはならなかった。

      猛烈な25分後に、ローマがこの試合で自己主張し始め、おそらく当然多くのプレーが15分続いた。しかしフィニッシュに関していくぶん失望することに、より上手くプレーしようとしたが、アレッサンドロ・フロレンツィのシュートは大きく枠を外れた。

      ハーフタイム前に、ディバラは再び良い位置でのフリーキックを放つもシュチェスニーからゴールを奪うには中央へのシュートとなった。

      後半の立ち上がりは前半の終わりと似た様な展開となった。64分の中央からのラジャ・ナインゴランのクロスバーを越えるシュートまで、ゴール前でのプレーは極僅かでした。

      リヒトシュタイナーと交代で入った、フアン・クアドラードは距離のあるシュートを放つもシュチェスニーがスマートにブロック、エヴラの69分の印象的な猛烈なシュートもセーブし、エヴラはペナルティ・エリア周辺でパスをゴールへ送るプレーを続けた。

      この試合最高のチャンスを失ったかもしれませんが、ビアンコネリは8分後まで攻撃性を維持し換算します。ポグバのスルーパスがディバラに通ると、ユーヴェの最多得点者は、ミスする事無くゴールへボールを納めシュチェスニーからゴールを奪った。

      もう一度前方で、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは常にリードを維持する決心で戦い、ミラレム・ピアニッチの89分のフリーキックの恐怖はジジ・ブッフォンのバーの上を越え耐え抜くと、タイトル争いの直接対決で完璧で相応しい重要な勝ち点3を得た、そして次の日曜日のキエーヴォへの遠征での対戦へ続きます。

      ユベントス
      ブッフォン; バルツァッリ, ボヌッチ, キエッリーニ; リヒトシュタイナー (クアドラード 66), ケディラ, マルキジオ, ポグバ, エヴラ; ディバラ (モラタ 84), マンジュキッチ

      未出場控え: ネト, アウデーロ, ルガーニ, カセレス, アレックス・サンドロ, パドイン, ストゥラーロ, アサモア, エルナネス, ザザ

      監督: アッレグリ


      ローマ
      シュチェスニー; マノラス, デ・ロッシ, リュディガー; フロレンツィ (トロシディス 90+3), ピアニッチ, ヴァンクール (ケイタ 71), ディニュ; ナインゴラン, サラー (サディク 90); ジェコ

      未出場控え: デ・サンクティス, ロボンツ, エメルソン, カスタン, ジェンベール, イアゴ・ファルケ, トッティ

      監督: スパレッティ

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK