07.12.2016 23:41 - in: チャンピオンズ・リーグ S

    ディバラ、怪我からの復帰を喜びます

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ディバラは、ディナモ・ザグレブ戦をスリリングに戦いました「復帰が待ちきれませんでした。自分自信の準備に本当にハードワークしました。」

    長く待ちましたが、パウロ・ディバラの忍耐は、ディナモ・ザグレブとの対戦までの6週間の欠場後、この水曜日に成果をあげました。

    10月のACミラン戦での怪我で外れていたパウロ・ディバラは、ビアンコネリのユベントス・スタジアムでのクロアチアのチームとのチャンピオンズ・リーグの戦いで79分に出場しました。

    ピッチでかろうじて10分プレーしたが、チームでのプレーで攻撃でゴールへ2本のシュートを放ち、タッチも何も失っていないことを示すのに十分でした。

    「復帰が待ちきれなかったです。」とユーヴェの2-0で勝利しグループH首位を確保した後に説明しました。

    「トレーニングは、試合でやることと同じではありません。多くの強さをトレーニングで入れ、自分が準備ができていると感じました。

    まだ90分はできないかもしれませんが試合にフィットします。ここ数日間で問題を感じていませんでしたし、今日もそうです。:


    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、ディバラがチームのどこでフィットするかを、もちろん現在理解しなければいけませんん。

    ディバラ自身が認めました。「どこでプレーするかはわかりません。どこでも攻撃がはまることができるとしっています。セッターフォワード、セカンド・ストライカーに人がいなければできます。どこでプレーしても幸せです。」

    パウロは、決勝トーナメント1回戦の月曜日の抽選に関しての話で終えました。「我々自身のどんなチームに対してでも守ることができますから、恐れてはいけません。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK