24.02.2016 17:30 - in: チャンピオンズ・リーグ S

    ディバラUCL準々決勝へ固い決心

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    パウロ・ディバラは、ビアンコネリがどのようにバイエルン・ミュンヘンに対し、チャンピオンズ・リーグ準々決勝へ進出する事ができるかについて指摘します

    個人のレベルで、パウロ・ディバラのチャンピオンズ・リーグで最初のゴールは、ユベントスでの素晴らしい6ヶ月の正当な報酬で、火曜日夜のベスト16ファースト・レグ、バイエルン・ミュンヘン戦を引き分けに導く重要な63分のゴールとなった。

    心を奪う様なユベントス・スタジアムでの戦いの後一晩寝かせ、ホームサポーターのサポートと共にチームメイトと成し遂げたと彼が認める賞賛に値する結果の原因となる際のディバラの満足感を強調した。

    「チャンピオンズ・リーグでの初ゴールは、ものすごい感覚でした。私は、しばらくこのゴールを理解するために見ていました。明らかに私達は同点にしなければならなかったので、セレブレーションに多くの時間はありませんでした!

    最終的に、それがチームとファンにとって重要なゴールとなり私は幸せです。私達は一生懸命一体となって反撃しました。」

    バイエルン戦2回戦に目を向け、彼らが昨日試合の終盤の戦いを繰り返せば準々決勝進出の鍵になると、ディバラは疑いません。

    「私達が昨日最後の30分でのプレーをしたという欲求と決心、そのうえ正しく謙遜すればミュンヘンで欲しい結果を得ることができます。

    「それほど落ち着く余裕はありません。ブンデスリーガ、バイエルンの戦い方で私達が見た様に、彼らは2または3ゴールを挙げる事ができます。」

    「私は、メインのストライカーの後ろでプレーするのを楽しんでいます。より大きな自由にピッチを横切り、自身がゴールを挙げるのを許します。」

    パウロ・ディバラ 2016.2.24

    3月16日の注目の一戦の前に、ビアンコネリはロベルト・マンチーニ監督のインテルとリーグ戦で戦い、2位ナポリに続き猛追するチームとの問題です。

    日曜日の敵にはマウロ・イカルディというディバラと同じ国出身の危険なフォワードがおり、2015/16シーズンのリーグ戦得点ランクでディバラ2ゴールしたにいます、

    ディバラと1歳上のイカルディと比較され、ディバラは答えました。「私はセカンド・ストライカーですから、センター・フォワードの彼とは同じ所で比較する事ができません。マウロは上手くやっていて、いつか私達が一緒に代表でプレー出来る事を望みます。」

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督のセットアップでの現在の役割に関してディバラは答えます。「私は、メインのストライカーの後ろでプレーするのを楽しんでいます。より大きな自由にピッチを横切り、自身がゴールを挙げるのを許します。」

    ここまでのシーズン全ての大会で合計17得点をトリノでのビアンコネロのデビューシーズンで記録し素晴らしい活躍はビアンコネリ・レジェンドのオマール・シボリと並び、ディバラはシボリインタビュー終了後に敬意を表しました。

    「ユベントスで私を彼に例える事は、ものすごい誇らしいことです。彼は、真のスポーツでのチャンピオンでした。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK