11.03.2016 23:19 - in: セリエA S

    ディバラ、サッスオーロを下す

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    パウロ・ディバラの前半の驚きのゴールがビアンコネリのユベントス・スタジアムでの金曜日夜のサッスオーロ戦で勝ち点3を確保した

    ユベントス・スタジアムでの金曜夜の対戦、パウロ・ディバラの驚異的な前半終盤のゴールで1-0でサッスオーロを破り、ビアンコネリはセリエA首位のポジションを強化した。

    ユベントスは立ち上がりをより良く進め、最終的に攻撃を続けた36分にこの攻撃が報われます。右サイドのフアン・クアドラードの力強い走りから得たボールをディバラが見事にシュートを放ち先制します。

    エウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督のチームは、直近の5試合を不敗でこの試合に臨み、トリッキーな対戦相手としてジジ・ブッフォンにここ数週間で最も手こずらせた試合の1つを演じさせました。ユーヴェのキャプテンは2度ニコラ・サンソーネのシュートを防ぎリーグ戦10試合連続無失点記録を達成し、セリエAで919分無失点記録を継続しディノ・ゾフを超え無失点記録2位に付けています。

    リーグ順位に関し、この勝利でマッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは、日曜日にパレルモとの対戦を行う2位ナポリに対し勝ち点6点差をつけています。

    ユベントスは開始の笛から、クアドラード、マリオ・マンジュキッチ、ディバラがワンタッチ・パスでトラップを掻い潜り、ディバラが強烈なボレーをクロスバー上へ放ちました。

    6分に、ニコラ・サンソーネがマッテオ・ポリターノを導きボックス内からシュートを放ち、サッスオーロも自身で際どい得点機会を作ります。

    ビアンコネリは直ぐに再び攻撃し始めます。アレックス・サンドロのクロスが相手ボックスへカオスを起こしレオナルド・ボヌッチが受けるもオフサイドになった。

    ビアンコネリは再び目立つプレーを残し、18分にアレックス・サンドロがディバラの正確なアシストからファーポストで先制点を挙げたかの様に見えたが、サッスオーロのキーパー、アンドレア・コンシーリは至近距離でこれをブロックした。

    25分に、ディバラがサッスオーロのバックラインを欺きサミ・ケディラへ素晴らしいクロス、至近距離からシュートを放ちユーヴェに先制の決定機だったがゴールにはならなかった。

    ディバラはプレーで魅了し忙しい前半を通してベストでした。30分を過ぎ、6分後に強烈なシュートを放ちクロスバーに当てながらもこの試合の先制点を祝いました。

    クアドラードがこのゴールへの道を開きました。そして、迷路の様な走りから元ユベントスのレフトバック、フェデリコ・ペルーゾを抜き去り、ディバラにショートパスを放ちました。そして、ディバラはただ、ボールをタッチする必要があり、ゴール隅へシュートを放ち、コンシーリからゴールを奪った。

    シュートはファイナルサードで持続的にプレスをかけ続ける成果となったがディ・フランチェスコ監督のチームはまだ諦めずディエゴ・ファルシネリがシュートを放ち、ブッフォンのゴールを外れたものの前半の深くに警戒を与えました。

    決してこの1点のリードのみで終わる気持ちは無く、ビアンコネリは前半立ち上がりと同じ様な良いスタートで戦いました。そして、サッスオーロのキャプテン、フランチェスコ・マニャネッリはの体を張った賢明な努力からアレックス・サンドロがシュートを放った。

    ピッチ反対側では、サッスオーロが同点の希望を諦めていませんでした。サンソーネが ディエゴ・ファルチネッリとユーヴェのディフェンスを縫う様に前進するも、アンドレア・バルツァッリが危険から救いました。

    いずれにせよ、最終的にクワドォー・アサモアとディバラによる左サイドでの素晴らしいプレーでのボールがケディラに到達するとアッレグリ監督のチームはリードを2点に伸ばしたかに見え、クアドラードも前線で躍動するも70分の2度の得点機をものにすることはできなかった。

    1-0であったが、サッスオーロは常に同点の可能性があると知っていました。サンソーネがチームを導き、ブッフォンはスピードのあるフォワードから2度セーブを強い、この夜の間常に本当の脅威を与えていました。

    交代で入ったアルバロ・モラタは終盤のチャンスでビアンコネリへ追加点を与えそうになったが、ニアポストでコンシーリがセーブした。4分のアディショナルタイムがあったが、レフェリーが試合終了の笛を告げユベントスは勝ち点3を確実とした。

    アッレグリ監督のチームは現在チャンピオンズ・リーグ準々決勝への戦い、バイエルン・ミュンヘンとの水曜日夜のバイエルンでのセカンド・レグに備え気持ちが高ぶっています。

    ユベントス

    ブッフォン; ルガーニ, ボヌッチ, バルツァッリ; クアドラード, ケディラ (ポグバ 72), マルキジオ, アサモア, アレックス・サンドロ; ディバラ, (モラタ 80) マンジュキッチ (リヒトシュタイナー 89)

    未出場控え: ネト, ルビーニョ, エヴラ, パドイン, エルナネス, レミナ, ストゥラーロ, ペレイラ, ザザ

    監督: アッレグリ


    サッスオーロ

    コンシーリ; ヴルサリコ, アンテイ, アチェルビ, ペルーゾ; ビオンディーニ (ペッレグリーニ 69), マニャネッリ, ダンカン; ポリターノ (アジャポン
     89), ファルチネッリ (トロッタ 77), サンソーネ

    未出場控え: ペゴーロ, ポミーニ, アーリック, テッラノーヴァ, ロンギ, ガッツォーラ, ブロー

    監督: ディ・フランチェスコ

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK