11.09.2016 14:05 - in: チャンピオンズ・リーグ S

    ヨーロッパでの戦いを始めたがっているディバラ

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ディバラは、水曜日のチャンピオンズ・リーグ開幕セビージャ戦をプレビュー:「私達に重要な選手達が加入しました。正しいメンタルで勝利する事が出来ます。」

    パウロ・ディバラは、水曜日のチャンピオンズ・リーグ、ユベントス・スタジアムでのセビージャ戦から始まる戦いで、ビアンコネリが今シーズン、ヨーロッパのベストへ自分自身をテストするチャンスを楽しんでいると話した。

    ディバラは、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームが、前回から既に強い勝利候補となっていると思っており、印象的な夏の移籍ウインドウの後、性格に他のヨーロッパのヘビー級と並んで立つのに必要な物をチームが持っていると確信しています。

    ヴィノーヴォで今日、メディアに話しました。
    「私は、今シーズンのチャンピオンズ・リーグを獲得したくうずうずしています。私が思うに、このチームはヨーロッパの素晴らしいチームと同じレベルにいると思います。また昨年も信じていました。

    私達には大きな走力があり、ちょうどバイエルンに勝利するも同然でした。私達に重要な選手が加入しました。そして正しいメンタルで勝利する事が出来ます。

    水曜日から、私はこのチャンピオンズ・リーグの試合に全力で向かいます。そしてファンへ勝ち点3を奪える事を望みます。昨年のグループステージ最後の試合で負けたのは私達の値すると思うトップの座への代償となりました。しかし、今私達は、その試合を忘れる必要があり、2-0でホームで勝利した初戦を思い出します。

    セビージャは、トリノでのサッスオーロ戦3-1の勝利で明確に示された開花するディバラ-イグアインのパートナーシップに対し緊急非常事態をアラートします。そしてジャーナリストによる質問からチームメイトのイグアインによって備えられるクオリティを面白おかしくディバラは話しました。

    「私はイグアインと一緒にプレーするのを本当に楽しみますし、彼のプレーが私を簡単にプレーさせます。必要があれば、私達は3人でマンジュキッチともプレー出来ると思います。私達はエスパニョールに対しても試した後にあれこれ話しました。しかしこれを決めるのは監督です。」

    ビアンコネリの昨日の旋風が始まり、27分で3点のリードを奪い、多くの称賛を受けたにも関わらず、ディバラが全力で戦う前にやるべき事がより多くあると主張します。

    スタートからサッスオーロにプレッシャーをかけるよう、監督は選手達に頼みました。そして早々にサッスオーロにプレッシャーを与えました。ハーフタイム後多くが簡単になり、追加点か3点差で私達は緩みました。
    私達はこの面で向上しなければならず、失点をより少なくしなければいけません。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK